「1週間で8割捨てる技術」出版裏話(筆子)

2016年3月18日にKADOKAWAから「1週間で8割捨てる技術」という本を出版させていただきました。

 

姉妹ブログである、筆子ジャーナル の初の書籍化です。

 

 

帯には、「カナダ在住ミニマリストが語るモノの減らし方30年の知恵」と書いてあります。なんか、中国3000年の知恵みたいですね。これ、編集者さんが考えた文章です。

 

今回はこの本の出版裏話を差し支えのない範囲でお伝えします。

とにかくスケジュールがきつかった

 

書籍化のお話をいただいたのが、11月26日で、構成案が決まったのが12月半ば。その前に、一度、編集者さんとスカイプをしました。

 

実際の執筆は12月下旬から始めました。当初は4月半ばに発売する予定でした。それでも、スケジュールを見た時、「できるのかしら?」と不安がよぎりました。編集者さんも「若干あわただしくてすみません」とメールに書いておられました。

 

しかも、途中で、3月半ば発売に変更になり、さらに急ぐはめに。

 

私、毎日「筆子ジャーナル」を更新しています。このブログだけでわりに長文をタイプしてるので、それに加えて、本の執筆をするのは、体力的にきつかったです。

 

当ブログはほとんどお休み状態になり、実は私はもう1つブログを持っていますが、そちらもろくに更新できなくなってしまいました。

 

ブロガーはいくつになってもできる仕事と言いますが、それなりに体力と集中力が必要なので、高齢になるときついかもしれません。

 

こんなありがたいことはもう2度とない

 

こんな具合に、最初スケジュールを聞いたときは、「無理じゃない?」と思いました。私、一応主婦なんで家事もありますし、娘もいます。

 

さらに、私は歯が悪くて、やたら歯医者に行かなければなりません。この歯医者、すごく遠いので、1回歯医者に行くと、半日ぐらいつぶれます。

 

それでも、このスケジュールで執筆することにしました。

 

本を出す機会なんて、ふつうの人はそんなにありませんよね?

 

今、電子書籍を出すことはできますが、紙の本を自費出版しようと思ったら、お金がかかります。「Yahoo知恵袋」で自費出版の相場を見たら、100冊で5万円とありました。これは安くあげた場合です。

 

しかし、ブログの書籍化は、著者はお金を一銭も払う必要がありません。それどころか、一応印税もいただけます。しかも、出版社が宣伝してくれたりします。これって大変ありがたいことです。

 

「こんなありがたいことはもう2度とない」と思って、歯をくいしばって、がんばりました。

 

日々の原稿書きはタスクの細分化でのりきった

 

大きなタスクを完了したいときは、細分化するに限ります。

 

この方式を今回の執筆に使いました。章立ては、編集者さんの構成案にあったので、これをほぼそのまま使いました。

 

全体のページ数から、各章にどのぐらい書くべきか計算し、次に小見出しを考えて、さらにその小見出し1つにつき何ページ書けばよいのかを計算しました。

 

無印良品の4コマノート

私にしか読めない執筆スケジュール帳(無印良品の4コマノート利用)

 

すると1つの小見出しに4ページとなりました。だから、毎日どんなに忙しくても4ページは書いていました。ですが、このペースだと、やや足りないので、時間が取れた日には、8ページ、12ページとコツコツタイプしていました。

 

できあがった本は、最初の構成案とはかなり違ったものになっています。

 

「ブログに書いてない情報を書いてください」と言われたので、昔話などえんえんと書いて出したら、編集さんから駄目だしがあり、そこはブログの内容とそっくりそのまま入れ替わってしまった、なんてこともありました。

 

当初、風花塾の開始予定が2月だったので、「どうしても1月中に、目星をつけてしまいたい」とがんばりました。

 

実際は塾は3月に始まりました。

 

原稿は1月中にほぼ書き終えましたが、その後、微調整という名のたくさんの書き直しがあり、塾の開始が遅れて幸いでした。

 

ただ、こうやって時間がない中書いていたからこそ、できあがったのかもしれません。「いつでもいいですよ」と言われたら、何も書けなかったでしょう。

 

締め切りがないと人はタスクを完了できない話はこちら⇒先延ばしをする人としない人は何が違うのか?(TED)

 

できあがりを読むと、至らないところもたくさんあります。が、持てる力はすべて出し切ったので悔いはありません。失敗でも成功でもいいのです。新しいことに挑戦して、自分のキャパシティを広げることが肝心です。

 

モノが捨てられなくて困っている人は、読んでみてください。

 

内容に関しては、「筆子ジャーナル」の記事で紹介しています。
☆予約が始まったときの記事⇒筆子の本が出ます!「1週間で8割捨てる技術」3月5日より予約開始

 

☆発売開始されたときの記事⇒「1週間で8割捨てる技術」筆子著、本日発売です(写真あり)

 

☆楽天ブックスで見てみる⇒「1週間で8割捨てる技術」 kobo書籍あります。