無料のメルマガ、「ミニマリッチ筆子の暮し楽しみレシピ」配信中

筆子のメルマガのご案内です。

 

2014年の7月26日から、週に一度、土曜日にメルマガを配信しています。

 

タイトルは「ミニマリッチ筆子の暮し楽しみレシピ」。

 

内容は、五十路主婦アフィリエイターの日常、作業日誌、アフィリエイトのコツなど。

 

私と同じように、暮しをシンプルにしながら、ブログアフィリエイトでぼちぼちお小遣い稼ぎをしたい、という方の参考になる情報発信を心がけています。

 

メルマガの購読は無料です。

筆子のメルマガのサンプル

 

サンプルとして、第96号の一部をご紹介します。96号のタイトルは「名は体を表せ」です。改行や句読点はブログの記事用に調整しています。

 

名は体を表わせ

 

ずいぶん前のメルマガにも書きましたが、どんな物でもタイトルや名前はとても重要です。

 

書籍のタイトル
雑誌の名前
小説のタイトル
番組名
レコード(死語?)のアルバムのタイトル
曲の名前
お菓子の名前

 

タイトルで売れ行きが決まる、といっても過言ではなでしょう。

 

ブログでもこれは同じで、

 

ブログのタイトル
記事のタイトル

 

両方とも神経を使ってつけるべきです。

 

特に、アクセスアップという観点からは、ブログタイトルより記事タイトルのほうが重要。

 

記事タイトルをつけるとき、いくつかおさえるポイントがあります。

たとえばキーワードを入れるとか。

 

しかし、それよりもっと大事なことがあります。それは、その記事の内容にふさわしいタイトルを入れる、ということです。

 

メルマガのタイトルの目的の大半は、メルマガを開封してもらうことなので

内容とは全然関係ないちょっと気をひくタイトルをつけてもかまいません。

たとえば、「今までありがとうございました」とか。

 

これだと、「あれ?メルマガ終わるのかな?ブログが終わるのかな?」と読者は、思うのでいつもよりは開封率があがるでしょう。

 

中を読んでみると、愛用のスマホがこわれたとか、いつも行ってた喫茶店が閉店したとか、そんな話だったりします。

 

私はここまで姑息なことはしませんが、メルマガなら、まあ許されるでしょう。中身がすごくおもしろかったり何か、すごく価値のあることが書いてあれば。

 

ですが、ブログの記事タイトルでこれをやるべきではありません。

ブログの記事タイトルはあくまで、その記事タイトルに入っているキーワードで検索してアクセスした読者が、記事を読んだとき、

 

「なるほど、わかった」
「そうか、そうやればいいのか」
「そういうことなのね」と

 

納得する結果につながるものであるべきなのです。

 

例をあげます。

 

「無印良品」というのはとても多く検索されるキーワードです。記事の中で無印良品へ行った話を書き、タイトルに「本当にすごい無印良品を発見」とつけたとします。

 

記事の中に無印良品が出てくるから、一見、これはよさそうです。

 

ところが、無印良品+すごい というキーワードで検索する人は、何か、すごく素敵な、自分の生活を便利にしてくれそうな、おしゃれな部屋にしてくれそうな、ミニマリストの部屋みたいにしてくれそうな、そんな、無印良品を探していることが多いと思います。

 

それなのに、記事を読むと、MUJIカフェの前を通ったら、人だかりがしてすごい、という話でした。

 

ムジラー(無印良品が大好きな人)なら、無印の息がかかったものはなんでも好きなので、「そうか、今度行ってみよう」と思って、そこそこ満足するかもしれません。

 

しかし、この記事は、「無印良品の何かすごい物」を探していた人のニーズには答えていないのです。

 

つまり、この記事タイトルは、不適切。

 

読者からもあまり歓迎されませんし、検索エンジンも、その記事の評価をさげるでしょう。

 

読者は、検索結果で、タイトルを見てクリックしてその記事に行ったのに、「あ、これ探してたのと違う」とすぐにページを閉じたり(これを離脱といいます)、その記事1ページだけを読んですぐに別のブログに行ったりします(滞在時間が短い)。

 

検索エンジン(Google)はこういうことをきっちり計測しており、うーん、この記事は、「無印良品 すごい」という言葉がタイトルに入ってるけど、どうやら中身は違うらしい、と判断しこのキーワードで検索したときの、その記事の表示順位をどんどんさげてしまうでしょう。

 

他の記事でも似たようなことを続けていると、ブログ全体の評価がさがってしまう可能性も。

 

ですから、記事を書くときは

●そのキーワードで検索する読者の探しているものを考える。

●読者の探しているものを差し出す記事を書く。

●その記事にふさわしいキーワードを入れた記事タイトルにする。

この3つの要素を考慮しなければいけません。

 

記事タイトルで、読者に「ここにありますよ」と教えておいて、記事内でそのことにふれていなかったら、それは記事タイトルの付け方を間違えています。

 

いくら人気のあるキーワードを入れても、記事の中で、そのキーワードで検索する人のニーズに答えていなかったら、その記事に、長期的に、コンスタントにアクセスを集めることはできません。

 

——— メルマガの抜粋ここまで ——————-

 

『貧乏』から『プチリッチ』生活へ~筆子のシンデレラ物語

 

ご登録いただくと、まず

 

『貧乏』から『プチリッチ』生活へ~筆子のシンデレラ物語

 

というメルマガをお送りします。これは2日に1度届き、5話で完結。

 

貧乏だった筆子がどうやってプチリッチに変身したか、つづっているものです。とてもブログには書けない、恥ずかしいことをたくさん書いております。

 

いろいろと試行錯誤してきましたので、1通がやや長めです。

 

5通全部購読した方にはプレゼントもご用意していますので、ぜひ一度読んでみてください。

 

5通の「シンデレラ物語」の配信が終わると、「ミニマリッチ筆子の暮し楽しみレシピ」というメルマガを週に1度お送りします。土曜日に配信します。

 

購読プレゼントあります

 

今、読者登録していただくと、ご希望の方には

『筆子の幸せをつかむための10のヒント~心も財布もリッチに』

という筆子の最新レポートをプレゼントします。

 

fudeline

 

まとめますと、メルマガにご登録いただくと、まず

 

『貧乏』から『プチリッチ』生活へ~筆子のシンデレラ物語」が5通(配信頻度は2日に1度)届きます。

 

それが終わると、

 

「ミニマリッチ筆子の暮し楽しみレシピ」というメルマガが週に1度、のんびり届きます。

 

ブログにはちょっと書けない秘密のお話も書いています。興味のある方は、読んでください。

 

配信解除はいつでもできますのでお気軽にどうぞ。メルマガの購読は無料です。

 

こちらのフォームに、お名前(苗字だけ、ハンドルネームでもOK)、とメールアドレスを入力してお申込みください。

 

・ご注意:hotmailのアドレスは未達が多いので、避けてください。icloudのメールアドレスも届きにくいです。

 

個人的には、Gメールを推奨します。

————————————————————–

【 『貧乏』から『プチリッチ』生活へ~筆子のシンデレラ物語】

は必須項目です

お名前(苗字、ニックネーム可) 姓と名はスペースで区切ってください
メールアドレス



 

追伸:登録いただきますと、すぐに「読者登録完了」というメールが行きます。これが届いていない場合は、べつのアドレスで登録しなおしてください。

 

フォームが表示されない方、うまく入力できない方はこちらからどうぞ⇒筆子のメルマガに登録します