外注を使って風花式アフィリエイトをするという無意味な考えについて。

風花初芽のノウハウでブログを作ったけど、ほとんど稼げなかった。記事を外注していたのが悪かったのかもしれない、というメールをいただきました。

 

は?

 

外注?

 

初芽のブログの記事を外注?

 

自分らしさを大事にする風花式のブログの記事を外注するって、不思議すぎます。なぜそんなややこしいことをするのでしょうか?

 

自分の好きなことを書くために作ったブログの記事を人に任せるってありえないんじゃないですか?

 

なぜ風花式では外注を使わないのか、この記事で詳しく説明します。

 

 

そもそも外注とは何か?

 

外注(がいちゅう)とは会社などの仕事の一部分を、外部に注文してやってもらうことです。アウトソーシングともいいます。

 

もともと自分たちがやることになっていた仕事を別の会社やほかの人に頼みます。その行為を外注といい、またその仕事を受けてくれる人のことも外注と呼びます。

 

アフィリエイトの場合、外注は、通常、ライターに記事を書いてもらうことをさします。

 

もしかしたらシステム開発を外注することもあるかもしれませんが、一般個人アフィリエイターの場合は、レアなケースだと思います。

 

なぜ外注するのか?

 

記事を外注する理由は、いろいろあるでしょう。

 

今多いのはトレンドアフィリエイトで外注を頼むケースです。

 

トレンドアフィリエイトとは、芸能人ネタ、ニュースネタ、季節ネタなど、確実に人が検索する話題で記事を書き、大量のアクセスを集めてアドセンスで稼ぐノウハウです。

 

外注を頼む人たちは、自分はキーワード選定や、記事に書く内容を決めることだけをやり、一番時間のかかる記事書きを外部ライターに頼みます。

 

そうすれば、安定して毎日たくさん記事を更新でき、記事の質もあがり(一応プロが書くから)、ドメインも強くなり、確実に稼げるようになる、という寸法です。

 

ドメインとはサイトの住所のようなものです。このブログのドメインはfudeko.netです。

 

外注すれば複数のブログを運営することも可能です。ノウハウによっては、アフィリエイトをはじめてやる人に、外注を使うことを指示するものもあります。

 

外注に頼めば、少なくとも初期の段階で、記事書きで挫折することは避けられるからです。

 

確かに、記事が書けなくてブログをやめてしまう人が多いので、そこをやってもらえば、ブログは続くかもしれません。ですがこのやり方は、風花式ではありません。

 

風花式の理念とは?

 

風花式には確固たる理念があります。

 

風花式の教材を作っている風花未来さんのブログにはこう書いてあります。

 

風花スタイルとは、ブログなどの自分メディアを活用して、自己表現しながら収益を上げてゆく、個人向けビジネスモデル。

 

「自己表現」と「個人向け」という言葉に注目してください。

 

またこんなことも書いてあります。

 

「自ら作成したコンテンツにより、他者にプラスの影響を与えて、その影響の質と量にふさわしい報酬を得る」という確固たる軸を有していることが特徴です。

 

自ら作成します。外注ライターは使いません。

 

風花式の理念に興味のある方はこちらをお読みください⇒風花スタイルとは? | 風花スタイル公式ブログ

 

そもそも、初芽のテキストに、「外注せよ」なんて一言も書いてありません。それなのに、なぜ外注するのでしょうか?

 

風花式では自分の好きなことがベース

 

メールを下さった方は、「外注を使って、自分では1記事も書かずにすごく収益をあげている人がたくさんいるので、真似してやっていた」と書かれていました。

 

私は外注するのが悪いとはいいません。そういうビジネスモデルももちろんあるでしょう。収益だってあがるでしょう。

 

1人でやることには限界があるので、大きく稼ぎたいなら外注を使うしかありません。ただ、それを初芽でやるのは矛盾しています。

 

風花式は自分らしさを大切にする初心者向けのビジネスモデルです。ブログを運営しながら、自分も読者も成長していくことを目標にしています。

 

記事を1本も書かず、すべて外注に任せていたら、その人がうまくなるのは「いかに上手に、外注ライターに希望の記事を、そこまでコストをかけずに、タイムリーに納品してもらうか」というスキルです。

 

外注のノウハウを磨きたかったらわざわざ言葉や文章にこだわる風花式でやる必要はありません。

 

記事を書きたくない人はほかのビジネスの手法を使ってください。

 

YouTubeを使ったビジネスなら記事を書かなくていいから、そういうのがいいかもしれません。

 

何のためにアフィリエイトをするのか?

 

アフィリエイトを志すたくさんの人がノウハウコレクターになったり、さまざまなノウハウを中途半端に混ぜて実践してみたり、すぐに挫折するのは、アフィリエイトをする目的が定まっていないからです。

 

「そんなの決まってます。お金が稼ぎたいからです」と多くの人は言うでしょう。

 

ですが、お金を稼ぐことは生きる目的にはなり得ません。

 

お金を稼ぐことは、よりよく生きるためにやるべきことの一つです。

 

自分はこんな人生を生きたい、こんなことをしたい、というビジョンがあり、それを実現するために、月々これだけお金が必要である、だから稼ぎたい、という流れになるんじゃないでしょうか。

 

充実した人生を送るために必要なのはお金だけではありません。健康でないと楽しめないので、運動をがんばっている人もいます。断捨離をしている人もいます。

 

みんな究極の目的は、幸せな暮らしをしたい、自分らしい人生を生きたい、ということになるはずです。

 

お金があればあるほど幸せになる、という考え方をしているといつまでたっても幸せになれません。出発点が間違っているからです。

 

あなたは本当は何がしたいのか?

 

ノウハウコレクターぎみの方は、自分は本当は何をしたいのか、そこを考えたほうがいいと思います。

 

自分のやりたいことが明確なら、いろいろなノウハウに惑わされることもなく、1つのノウハウで突き進むことができます。

 

「これだ!」と思う教材があったら、その手法に従って1年ぐらいはがんばってほしいです。

 

もちろん、自分にも人にも全く役立たないゴミみたいなブログを量産するノウハウは避けるべきです。

 

ただ、最近はコンテンツマーケティング(読者にとって価値のあるコンテンツを提供することでお客さんになってもらうこと)が主流なので、薄いブログの量産のノウハウにあたることは少ないでしょう。

 

購入したテキストを読んでみて、考え方に同意できる、理念に共感できる、やれそうだ、と思うなら、その教材を信じてしっかり実践してください。

 

あまりふらふらといろいろなノウハウをミックスしないほうがいいです。

 

やっているうちに、「ここはうまくいかない」「ここは苦手だ」という壁にぶつかるかもしれません。全く稼げなくて、がっかりすることもあるでしょう。

 

しかし、そういう壁を避けて、ほかの教材に目移りすると、いつまでたっても問題は解決しません。苦手なことも克服できるように多少の努力はするべきです。仕事なのですから、楽しいことばかりではありません。

 

つらいことや苦しいことがあるからこそ、楽しいことがあります。楽しいことばっかりだと、みんな「普通のこと」になってしまいます。

 

そもそもアフィリエイトは収益が出るまで時間がかかりますので忍耐が必要です。そして、できれば初心者のうちは、できるだけご自身で記事を書いてください。
fudeline
私は、記事を書くことを人にやってもらおうなんて夢にも思ったことはありません。ここが一番楽しい部分ですし、自分で記事を書かないと、自分のブログを育てられません。

 

とは言え、体力的にきついので、今年は1日2記事更新するペースに変えました(去年は6月以降1日3~4記事書いていました)。

 

できるだけ長くブログを書き続けたいから、あまり無理をすることはやめました。

 

今年は去年とは少し違うことをやろうといろいろ考えています。

 

こんなビジネスプランをたてられるのも、自分のメディアをもっているからこそです。あなたもこうした楽しめる部分を見つけて、アフィリエイトを楽しむようにしてください。

 

まあ、外注ライターに発注するのが楽しいのなら、そこを追求していただいてもかまいませんが、初芽のノウハウではやらないほうがいいです。

 

自分が何をしたいのかよくわからない人はこの教材をおすすめします⇒「私の未来予想図の描き方」レビュー:自分で自分の人生のシナリオを書く。