ASP(アフィリエイトサービスプロバイダー)とは何か?

アフィリエイトの話をしているとき、よくASP(エー・エス・ピー)という言葉が出てきます。今回は、この言葉の意味を説明し、代表的なASPをいくつか紹介します。

 

ASPとは?

 

ASPはアフィリエイト・サービス・プロバイダー(Affiliate Program Service Provider)のことです。

 

プロバイダーだから、何かを提供する人たちだとわかります。

 

何を提供するかというと、アフィリエイトプログラムです。つまり、アフィリエイトの広告を提供してくれる会社がASPです。

 

アフィリエイトがわからない場合はこちらをどうぞ⇒『アフリエイト』とはいったいどんな仕事か?

 

アフィリエイトする人たち(アフィリエイター)は自分の媒体(ブログや、サイト、メルガマ、ツイターetc)に広告のリンクを貼る必要がありますが、ASPには、このリンクが置いてあります。

 

ASPは商品やサービスを宣伝したい企業と提携し、販売主とアフィリエイターの橋渡しをする役目を担っています。

 

おもなASPの例

 

物販アフィリエイターがよく使うASPを5つ紹介します。

 

A8.net

 

A8.netは有名なので、特に説明はいらないかもしれません。広告主数、アフィリエイトサイト数、日本最大級と書いてあるように、最大手のASPです。

 

なぜ、A8なのかというと、AはアフィリのA、8はエイトの8(eight)にかけています。

 

ハチにかけて、蜂のキャラクターがいます。

 

こういう語呂合わせ、日本の会社はよくやりますね。

 

アフィリエイトB

 

アフィリエイトBは物販アフィリエイターに評判がいいので、取り上げてみました。報酬は毎月777円からお支払で手数料も無料です。

 

バリューコマース

 

日本最大級のアフィリエイトサービスと書いてあります。

 

Yahoo!グループの会社なので、ヤフーショッピングとかヤフオクの広告のリンクはここにしかありません。

 

リンクシェア

 

アメリカのLink Shareは世界で一番最初にできたASPです。その伝統を受け継いでる老鋪と言えましょう。

 

iTunes、JAL,小田急、DELLなど有名企業と提携しています。

楽天グループの会社で、2013年にトラフィックゲートという別のASPと合併しました。

 

以前、このブログをFC2で書いていたとき、リンクシェアにあるサービスで紹介したいものがあったので、ブログを登録しようとしました。が、却下されました。

 

その理由は、「風花初芽という情報商材へのリンクがあるから」です。中身がなんであれ、情報商材へのリンクのあるサイトには、リンクシェアが扱っている商品、サービスの掲載はお断りしている、と言われました。

 

情報商材とは、商品が物ではないものです。

 

アクセストレード

 

ATステージという、報酬額によって、ステージがだんだんあがっていくシステムがあります。

 

稼げる人には励みになるかもしれませんね。説明が複雑すぎてよくわかりませんでしたが。

 

アフィバックモールという自己アフィリ(自分が申し込んでも報酬の発生するもの)専門のモールがあります。
fudeline

以上は成果報酬型のアフィリエイトサービスを提供している会社です。成果報酬型とは、商品が売れたとき報酬が支払われるものです。

 

ほかに、クリック保証型広告(クリック課金型広告)のGoogleアドセンス、独自にアフィリエイトサービスを提供している楽天アフィリエイトやアマゾン・アソシエイトといったASPもあります。

 

当ブログでは風花初芽をアフィリエイトしていますので、インフォトップというASPを使っています。ここは情報商材を扱うASPです。

 

風花初芽とは?⇒風花初芽のレビュー~「プチリッチ」への扉の鍵がここにある

 

インフォトップは、トップページの雰囲気が、上で紹介した5つとは明らかに違い、見るからに怪しげです。ですが、お問い合わせの人はきちんとした対応をしてくれます。怪しいのは一部の商材だけです。

 

最近、記事を書いた、カエテンWP-JOYもインフォトップで販売されています⇒とても使いやすいWordPress用テンプレート、カエテンWP-JOYのレビュー

 

ほかに、ダウンロード商品を扱う、DLマーケットというのもあります。

 

fudeline
物販アフィリエイトで成功するためには、まめに商品を探すことが求められます。もともと買い物が好きな人は、商品選びも苦にならないと思うので、成果がでやすいかもしれません。

 

私のような物を買うことが嫌いなミニマリストは、マインドセットを変えて取り組む必要があるかもしれません。