風花塾の課題の量は多いですか?という質問に答えます。

風花塾11期、先行募集の受付は明日、8月10日までです。

 

塾について⇒風花塾11期申し込み開始のお知らせ。筆子も講師として参加します。

 

塾に関する質問は主催者の風花未来さんへどうぞ⇒風花未来へのお問い合わせ

 

風花塾では、風花さんより、期間中4~5回ほど課題が出ます。この課題をこなすのが大変なのではないだろうか、という質問をいただくことがあります。この記事でお答えしますね。

 

 

課題は自分のペースでできる

 

課題の量って多いのでしょうか?仕事を持っていてもついていけますか?

 

私はモニターとして、3回課題に取り組んでいます。その経験から言うと、量はさほど多くありません。

 

講師になってからも、毎回、課題の内容を見ていますが、課題の量は回を経るごとに少なくなっている、あるいは要求されるハードルが低くなっていると感じています。時代の要請でしょうか?

 

配布されるテキストの量も、「多すぎて読めない」ということは全くありません。みんなわかりやすい日本語で書かれているし、課題の書き方、仕上げ方についても、懇切丁寧に書かれています。

 

忙しい人にとって1番ハードルが高いのは、課題よりブログの運営そのものではないかと思います。

 

日々コンスタントにブログの更新に時間をさける状態であることが望ましいです。

 

環境を整えるのもブロガーの仕事の1つです。

 

とは言え、風花式のアフィリエイトをやろうとする人は、副業の人が圧倒的に多いです。

 

塾生さんには、フルタイムの仕事をしている人はもちろん、まだお子さんが小さい人(しかも子どもが複数いる)、介護をしている人など、いろいろな方がいらっしゃいました。

 

子どもが小さいなど、なんらかの事情で外に出て自由に働けない人がアフィリエイトで稼ぐ道を選ぶことが多いので、塾生さんはみんな、社会的責任があり、とても忙しいと思います。

 

課題は、そういう方たちでも提出できる分量です。

 

以前は課題を提出しないと、サポートが打ち切られるコースがありましたが、今はありません。

 

たとえ課題をやらなくても、最後まで塾に在籍できます。ですから、想定外のことが起きて、課題に手をつけることができなくても、自分のペースで進められます。

 

課題の提出が大変だ、と感じるとしたら、ギリギリまで手をつけず、いっきにやろうとするからです。

 

以下に塾の課題を楽しんでやるコツを3つ書いておきます。

 

課題を楽しくやるコツ~課題を100%活かすために

 

1)誰のために、何のために課題をやるのか忘れない

 

課題をやるのは、自分のため。風花さんや講師のためではありません。

 

ブロガーとして稼ぐ力をつけ、自分の人生をよりよくするためです。

 

あたりまえのことですが、なぜか課題をやっているうちに、「やらされている感」がつのる人がいます。

 

サポート依頼のメールに、いろいろ言い訳を書いてくる人がいます。

 

弱音は吐いてもいいのですが、愚痴や不満を書いていると、自分のパワーが落ちるだけなので気をつけてください。

 

2)なるべく早くやる

 

どんな課題もできるだけ早くやることをおすすめします。

 

なぜか?

 

早くやればやるほど、結果が早く返ってくるからです。そして、その結果を見て、軌道修正することができます。

 

ブログは日々更新する生きている媒体です。

 

自分のしたことに対するフィードバックを見て、やり方を変えていくことはずっと続きます。

 

まずアクションを起こさなければ、何も返ってきません。ですから、とにかく早くやることが大事だ、と、個人的には思っています。

 

もちろん、仕事やほかの責任ある任務をかかえていて、なかなか時間がとれないという場合もあるでしょう。

 

その場合も、課題の優先順位をあげて、早め早めにやるのが、課題を活かすコツです。塾に入っている3ヶ月間に力を尽くせない人が、塾という拘束がなくなったとき、全力を尽くすのは難しいのではないでしょうか?

 

ブロガー人生においては、塾に入っていない期間のほうがずっと長いのです。

 

3)課題はチャンスと考える

 

課題は、学校の宿題と同じで、どうしても「やらされている感」がつきまといます。課題をやるより、テレビを見ていたい、ビヤホールに行きたい、と思うものです。

 

ですが、課題に取り組むことは、大きなチャンスを2つ秘めています。

 

1つは成長のチャンス。これは1)で説明しました。

 

もう1つは、これはだれも言っていませんので、あくまで私の考えですが、自己表現のチャンスです。

 

どんな課題をやるのも1つの自己表現です。

 

歌を歌ったり、絵を描いたり、楽器を演奏したり、好みのインテリアにしたりと、自己表現のやり方はさまざま。

 

課題で書くワークシートも一つの立派な作品です。

 

しかもテーマは風花スタイルで作ったご自身のブログ。

 

風花スタイルでは、誰のためでもない自分のメディアを持ち、自分の気持ちを書いてゆく、自分らしさを大切にしています。

 

そんな自分のブログについて語る時、楽しくないはずがないですよね?
fudeline
なんでもそうですが、塾の課題は主体的に取り組めば、そんなに大変ではないでしょう。ほかでもない自分が塾に入ろうと思って入塾するのですから。