自分らしい記事を書くためにもっとも重要なこと:メルマガ129号~132号のまとめ

筆子が毎週土曜日に発行している無料のメルマガ『ミニマリッチ筆子の暮し楽しみレシピ』の第129号から132号までの内容を紹介します。

 

2017年の1月に発行したメルマガです。1ヶ月たつと、自分でも何を書いたか忘れてしまいます。購読している方はこの機会に記憶をリフレッシュしてください。

 

まだ購読していない方には、「こんなメルマガもこの世にあるのね」と気づいていただけると幸いです。

 

 

第129号:あなたは本当は何がしたいのか?

 

第129号は今年初のメルマガだったので、アフィリエイターとしての目標の立て方をお伝えしました。

 

私はずっと目標を立てないタイプでした。

 

小中学生のときはまめに友だちに年賀状を出していたので、賀状に「今年の抱負」を書いていたと思います。しかし、それは年賀状のスペースを埋める決まり文句として書いていただけ。

 

自分ではそんなに真剣に目標を達成しようとはしておらず、「もしこんなことが起きたらうれしいなあ」というぼんやりとした夢を書いていたのです。

 

大人になってからは「目標なんて立てても達成できないから」という理由で、全く立ててきませんでした。

 

そうやって生きてきて50歳になったとき何が起こったか?

 

自分の人生にほとほと嫌気がさした中年主婦ができあがっていました。

 

その後、真剣に断捨離を始めて、暮らしをシンプルにし、ここ数年は、少しでもましな人間になるために、小さな目標をたてながら暮らしています。

 

目標を立て始めてわかったことは、目標を立てたほうが、望みの人生に近づく、ということです。

 

目標を立てていなかった頃は、そもそも望みの人生について深く考えたことはありませんでした。なんとなく金持ちになったらいいな、痛い思いはしたくないな、そんなふうに思っていただけです。

 

私が目標を立てなかったのは、目標に向かってがんばっても達成できないときに、がっかりしたくなかったからかもしれません。

 

けれども、目標を立てる理由は必ずしもそれを達成するためではないのです。

 

目標に向かって少しでもよいほうに変わるために毎日行動する、そのプロセスに価値があると思います。

 

というわけで、もしまだ目標を立てていないのなら、今年はぜひ1つ、何か考えてみてください。

 

第130号:自分らしいスタイルで記事を書く方法

 

130号には、記事に自分らしさを出す方法を1つだけお伝えしました。

 

それが何かはメルマガを読んでもらうことにして、今回はもう1つ別の方法を書きます。

 

簡単なことです。本音で書けばいいのです。

 

こんなことを書くと、誰かに反対されそうだ、とか、批判されそうだ、ということを怖れて、本音を書かない人がいます。

 

このような人の記事は例外なくおもしろくもなんともありません。

 

人から批判されていることを怖れていると、極端なことを言えば、「節分には豆だけでなく恵方巻きも食べます」とか「バレンタインデーは2月14日です」といった誰もが納得する事実しか書けなくなってしまいます。

 

人の批判を怖れるのは、ひじょうに他人軸な行動です。自分らしさを大切にする風花式でわざわざやることもありません。

 

こういう人は、そもそも、普段の生活でじゅうぶん他人軸になっています。ブログの世界ではもう少しリラックスして自分を出したほうがいいです。

 

他人軸すぎるブログを書いていると、本人も楽しくありません。稼げる、稼げない以前の問題です。

 

自分と似たような考えをする人は必ずいますので、安心して自分を出してください。

 

みんなから好かれようとして毒にも薬にもならない記事ばかり書いていると、誰の心にも刺さらない記事のオンパレードになります。

 

第131号:効果的にメールで質問する方法

 

自分の求めている答えがちゃんと返ってくるには、どういうふうに質問したらいいのか?効果的にメールで質問するポイントを7つあげました。

 

どんな質問をするかはひじょうに大事なことです。

 

質物の内容を見れば、その人のレベルがわかります。話題になっていることに関して何も知らないときは、質問すらできません。

 

知らないことはべつに悪いことではありませんし、質問するのも悪いことではありません。知らないことを知らないと言えないのはそれはそれで問題です。

 

ただ、質問する前に、ちょっと考えるクセをつけると、問題解決能力がアップします。

 

いろいろな質問をもらいますが、質問する本人が、いったい何を知りたいのかあいまいなときが少なくありません。

 

そのように、焦点のぼんやりとした質問をいくらしても、自分の求めている答えは返って来ません。

 

問題解決をするためには、何が問題なのかそれを明らかにしなければならないのです。

 

第132号:風花塾12期の募集が始まります

 

先週発行した132号には、この3月から始まる風花塾の告知をしました。塾のお知らせは記事でも書いています。

アフィリエイトの塾、風花塾12期の募集開始間近。筆子も講師として参加します。

アフィリエイトの塾、風花塾12期の募集開始間近。筆子も講師として参加します。

私も講師として参加する風花塾12期の募集が、明日、2017年2月1日から始まります。この記事では、風花塾をご存知ない方のために、概要をお伝えします。風花塾とは?...

投稿 2017/01/31

 

12期の特徴は何といっても、本科に3つのクラスがあることです。

 

これまで初芽の購入者の方から、「なぜ初芽のクラスがないのだ」というメールを何度ももらっていました。

 

私が運営している塾ではないので、そんなことを言われても困ってしまいます。

 

毎回、塾の打ち合わせのたびに、風花さんに、「こんな意見が届いています」としつこく言い続けた結果(かどうか知りませんが)、今期は初芽のクラスが提供されます。

 

塾で学びたいと思っていた人はぜひ活用してください。

 

メルマガではもう少し突っ込んだ情報として、本科にある3つのクラス、優遊(ゆうゆ)、燕舞(えんぶ)、初芽(はつめ)の違いと、どのクラスにしようか迷ったときの決め方を書きました。

 

詳細は塾のサイトでどうぞ⇒風花塾(夢路塾) | 本当のことだけを伝えて、本物の人だけを育てる。

 

筆子のシンデレラ物語

 

「ミニマリッチ筆子の暮し楽しみレシピ」は、「筆子のシンデレラ物語」というメルマガのあとに配信しています。

 

シンデレラ物語は、貧乏だった私がプチリッチになるまでをつづった自伝的メルマガです。

 

今回は、Fさんの感想を紹介します。

 

60代シニア真っ盛りの主婦です。今年の4月に「風花初芽」を購入し何回かメールでご相談させていただいているものです。

 

筆子さんの記事にはいつも共感することが多いのですが、今回の「シンデレラ物語」のポイントサイトのくだりには全く同じ経験をされているんだなあとビックリしました。

 

単なる成功物語ではなく、いろんな挫折をされて思い悩んで前に進まれている「シンデレラ」がすごく好きです。

 

そうですよねえ。節約が心の貧しさを育てているのはつらいですよねえ。何が大事かを教えてもらった気がします。

 

私事ですが61歳で15年間働いていた税理士事務所を退職しました。

 

主人の年金だけで暮らしていく心細さもありましたが、また違う道を歩いてみたい気持ちが強く経済的なことは何とかなるさと思いつつ決断しました。

 

でも年々心細くなっています。筆子さんの状況とは違いますが、でもいつも前向きに進んでいかれる筆子さんの姿にはすごく励まされています。

 

Fさんメールありがとうございます。「シンデレラ物語」を楽しんでいただけてよかったです。

 

お仕事、長い間お疲れ様でした。

 

人生は長いですから、まだまだ一花、二花、三花と、どんどん咲かせてください。

 

応援しています。
fudeline

 

あなたも、興味がありましたら、メルマガをお読みください。購読は無料。解除はワンクリックです。

 

登録は以下のフォームからどうぞ。

 

お名前(苗字だけ、ハンドルネームでもOK)とメールアドレスを入力してお申込みください。

 

・ご注意:hotmailのアドレスは未達が多いので、避けてください。スマホのメールアドレスでもいいですが、ちゃんとPCからのメールが届くアドレスで登録願います。
————————————————————–

【 『貧乏』から『プチリッチ』生活へ~筆子のシンデレラ物語】

は必須項目です

お名前(苗字、ニックネーム可) 姓と名はスペースで区切ってください
メールアドレス



 

★フォームが表示されない方、うまく入力できない方はこちらからどうぞ⇒筆子のメルマガに登録します

 

今ならとっておきの購読プレゼントあり♪

 

お気軽にどうぞ。