専業ブロガーが直面する4つの健康リスク。体調管理も仕事のうちです。

多くのブロガーは「どうやったらアクセスが増えるんだろう」「どうやったら稼げるんだろう」と心配します。ですが、そんなことより、もっと心配すべきことがあります。

 

それは自分の健康です。

 

人間は1日中パソコンに向かって物を書くようにはできていません。そのようなことばかりやっていると確実に病気になります。

 

この記事では職業ブロガーやWEBライターが直面している、4つのヘルスリスクを紹介します。

 

長期的にブログで稼ぎたいと思っているのなら、健康を損なわないように体調管理をすべきです。それもブロガーの仕事の1つです。

 

 

ブログを書き続けるのは実に身体に悪いと思う

 

専業ブロガーや職業ブロガーと呼ばれる人が世の中に出現して、そんなに年数がたっていません。

 

よって、ブロガーの職業病などはまだあまり話題になっていません。

 

身体に悪い職業、早死する職業としてよくあげられるのは、IT企業の下請けで働いているシステムエンジニア、広告代理店の営業、チェーン飲食店の店長、自衛官、トラック運転手、医者、看護婦、客室乗務員、タクシーの運転手、長距離トラックの運転手、工場で働いている人などです。

 

もちろん消防士や警察官、原発作業員も相当あぶないです。

 

ですが、4年以上毎日ブログを書き続けた私は、ブロガーも何も手立てをしないと早死するんじゃなかろうか、と考えています。

 

少なくとも健康的な仕事ではありません。

 

ブロガーには最低でもこんなヘルスリスクがあります。

 

1.座りっぱなし⇒全身をやられます

2.目を酷使する

3.食べ過ぎる

4.メンタルをやられてしまう

 

1つずつ説明します。

 

1.長時間座りっぱなしによる健康リスク

 

座りっぱなしは喫煙と同じぐらい身体によくない、と言われています。

 

運動不足はあらゆる生活習慣病の原因になります。

 

肥満、ある種のガン、糖尿病、心臓病、高血圧、骨粗しょう症、痴呆症を引き起こします。

 

病気にならないまでも、頭痛、肩こり、腰痛に悩まされます。

 

なぜずっと座っていると病気になるかは、こちらの記事で詳しく説明しています⇒座りっぱなしが寿命を縮める。座りすぎのリスクとそれを回避する方法。 リンク先は「筆子ジャーナル」です。

 

私も日々、長時間座ってブログを書いているので、ひじょうに危機感を感じています。

 

座りっぱなしを防ぐ方法は1つだけ、時々立ち上がって動くことです。

 

30分~50分に1度ぐらいは立ち上がってください。私は日中はデスクのすぐ後ろにミニトランポリンを置いて、1時間に1回はその上でぴょんぴょん、ウサギのように跳ねるようにしています。

 

また、仕事と仕事の間に、家事をはさんでいます。

 

間違ってもずーっと座るのはやめてください。

 

「どうしても、座り続けてしまう」という人は、本物のノマドライターになるといいかもしれません。街から街へ旅をしながら、ブログを書き続けるのです。

 

フーテンの寅のように。
かっこよく言えばトラベルライターです。

 

2.目の酷使

 

ブログを書く健康上の危険、2番目は目を酷使することです。

 

ブルーライトを放出しているモニターを見ながら、ひたすらタイプ。目にいいわけがありません。

 

しかも、ブロガーには、インターネットばかり見ている人が多いのです。ネットでリサーチしたり、同業者のブログを読んだり、SNSで拡散をしたりと、インターネットを使う場面が多いからです。

 

最近はスマホでネットを見ることが多いのでますます目に悪いです。

 

「ブルーライトはべつに目に悪くない」という人もいますが、私は自分自身で人体実験をした結果、絶対悪いと確信しています。

 

モニターを見続けていると、目に悪いだけではなく、体内リズムが狂うのが問題なのです。

 

詳しくはこちらに書いています⇒ブルーライトとは?この光の正体とその影響をわかりやすく説明 リンク先は「筆子ジャーナル」です。

 

体内リズムが狂うとホルモンのバランスが乱れるし、睡眠の質が落ちます。夜しっかり眠れない。これは致命的です。

 

それでなくても、ブロガホリック(blogaholic ブログを書いたり、ブログに関係のあることばかりしている人)は、夜型の生活になって睡眠不足になりがちです。

 

目を守るためにはどうしたらいいのか?

 

私はこんな工夫をしています。

 

●あまり根を詰めてブログを書かない。

●時々いろいろな方向を見る

●スマホは極力見ない

 

3.健康によくない物を食べ過ぎる

 

これは私だけでしょうか?

 

仕事が押してくると、じっくり料理をするのではなく、簡単なものをささっと食べたいと思い、実際食べているので、健康的な食生活ができません。

 

簡単に食べられるものはたいてい加工食品です。

 

しかも、ストレスが多いと食べすぎてしまいます。

 

私のプロフィール画像は太っていますが、あれは誇張ではありません。せっかく西式甲田療法でやせたのに、その後ナッツを食べすぎて風船のごとく膨らみました。

 

私は、ダイニングテーブルで食事をするようにしていますが、専業ブロガーの中にはデスクで食べる人も少なくありません。

 

すると、絶対食べすぎます。

 

特に独り暮らしの人は要注意です。誰も見ている人がいませんから思いのまま変な食生活に突っ走ってしまいます。

 

4.心の病気になる

 

ブロガーや家で書く仕事をしている人、特に独り暮らしの人は、メンタルヘルスを損ないやすいです。

 

心労が多い上に、リアルの人間とふれあうことが少ないので孤独を感じるからです。

 

職業としてブログを書くのはストレスの多いものです。

 

●毎日おもしろい記事を書かねばならないというプレッシャー

 

●ネタがない、ネタ見つけなきゃというプレッシャー

 

●「こんなことしてて大丈夫なんだろうか」という不安

 

●アクセスが下がるたびに心が折れる

 

●収益が下がるたびに心が折れる

 

●SNSのフォロワーが減るたびに心が折れる

 

●メルマガの読者が減るたびに心が折れる

 

●心ない読者からのネガティブコメント

 

●心ない読者からの誹謗中傷に満ちたお便り

 

●心ない読者がネット上に撒き散らす根拠のない悪口

 

●WordPressのアップデート時の、「また変になるんじゃないの?」という不安

 

●先の心配(収入が不安定)

 

●先の心配(Google次第で、いきなりアクセスがなくなり、稼げなくなる)

 

●先の心配(物販していた商品がいきなり販売中止になり稼げなくなる)

 

●先の心配(いつブログというメディアがなくなるかわからない)

 

●自分で読んでもおもしろくない記事に才能のなさを突きつけられる(クリエイティブな仕事をしている人はみんなこういう悩みを持っていると思います)。

 

ちょっと考えただけでも、ストレスの種はこんなにあります。

 

自分一人だけでなく、クライアントの仕事を請け負っている人は、もっとストレスがあるでしょう。

 

締め切りまでに仕上げなければならないし、クライアントの中には、勝手な人、わけの分からない人もいます。

 

外注を使っている人も気疲れするはずです。

 

外注って何?という方はこちらをどうぞ⇒外注を使って風花式アフィリエイトをするという無意味な考えについて。

 

私は本を出版させていただいた関係で、複数の編集者やライターの方とメールでやりとりした体験があります。いつも快適にるんるん仕事をできた、とは言い難いです。

 

SNSで時間を過ごすことが多い人は、やりとりで気を使うかもしれません。

 

また、家でずっとブログを書いている、ということは、それだけ外で生身の人間とふれあっていないので、人によっては、孤独にさいなまれて、どんどん暗くなっていきます。

 

座りっぱなしは「新しい喫煙」と呼ばれていますが、孤独感は喫煙以上に健康によくない、と言う人もいます。

 

さらに、座りっぱなしのせいで、体調が悪くなると心に悪影響を与えます。食事が乱れていたらそれもよくありません。

 

身体と心は密接につながっていますから。

 

もともとメンタルが弱い人は、ストレスが多すぎて、うつ病になるかもしれません。

 

心の健康を保つためには

 

●定期的に運動する

 

●健康によいものを食べる

 

●睡眠をしっかりとる

 

●長時間仕事をしない

 

●ブログばかり書かずにほかの全然関係のないことを楽しむ

 

●リアルの世界にいる人たちと交渉を持つ

 

こんな工夫が必要です。
fudeline

 

健康を損なわず、長期的に稼ぐためには、村上春樹みたいに、早起きして朝5時間だけ働き、あとは、水泳したり走ったり音楽聞いたり読書したりするのがいいのかもしれません。

 

私は、今は、ほぼ1日中、ブログワークをしていますが、これは60歳ぐらいまでにして、それ以降は、彼みたいに1日5時間だけ働くようにできたらいいなあ~と思っています。

 

まだ若い人は、ブログを長時間書くのって健康に悪いよ、と言われてもピンと来ないかもしれません。ですが、本当に悪いですよ。