ブログアフィリエイトで全然稼げない人がすべきこと。

アフィリエイトで稼げていない人がやるべきことをお伝えします。

 

ブログアフィリエイトを始める人の動機は、「ブログを使ってお小遣い稼ぎをしたい」です。

 

しかし、あまりに自分が稼ぐことばかりにフォーカスしていると全く稼げません。

 

まあ、ブログを作ってすぐは稼げませんので、それは仕方がありません。ですが、けっこうアフィリエイト歴が長いのに稼げない人は、お金を追い求めすぎている可能性があります。

 

あるいは、自分の本音をさらけだしていません。

 

きょうから、もっと率直に自分を出すことを意識してください。

 

この点をもう少し詳しく説明しますね。

 

なぜ稼ごうと思うと稼げないのか?

 

自分ばかりが稼ごうとあせっていても稼げません。

 

なぜなら、ビジネスとは、困っている誰かを助けたり、誰かの夢を叶えることだからです。

 

自分がしたことの対価としてお金が入ってきます。

 

こちらから何も与えず、ただただ、自分だけがお金を得ようとしても、何も入ってこないのです。

 

なかなか収益があがらない人は、ひとまず稼ぐことは封印して、楽しみながら記事を書くことに専念してみてはどうでしょうか?

 

お金が1円も入ってこなくても、ブログを書いていると、とても良いことがあるのです。

 

ただひたすら、「稼ぎたい」と思って記事を書いている人は、せっかくのブログのミラクルなパワーの恩恵を受けることができません。

 

ブログのミラクルなパワーとは?

 

私は当ブログで「風花初芽を使ったブログアフィリエイトでお金を稼いでみては?節約より稼いだほうが早いよ」ということを伝えたい、と思っています。

 

風花初芽を知らない方はこちら:

風花初芽のレビュー~「プチリッチ」への扉の鍵がここにある

風花初芽のレビュー~「プチリッチ」への扉の鍵がここにある

今日は風花初芽(かざはなはつめ)という、初心者向けブログアフィリエイトの教材を紹介しますね。実はこのブログ、タイトルからもわかるように、風花初芽のノウハウにかな...

投稿 2016/06/01

ほかのアフィリエイトの教材は紹介していません。

 

私が風花式を好きなのは、書いている本人にも、読んでいる人にも、ともにメリットがある手法だからです。

 

Win-Win(ウィン・ウィン)です。この点については、先日もお伝えしました。

なぜ風花初芽を紹介している人は少ないのか?もう使えない稼げない手法なのか?

なぜ風花初芽を紹介している人は少ないのか?もう使えない稼げない手法なのか?

「風花初芽が気になっているが、この商品に関してリアルタイムで記事を書いている人があまりいない。2014年にに発売された教材なので心配だ」という質問がたまに来ます...

投稿 2016/09/16

ブログには、こんなメリットがあります。

 

・頭の整理ができる
・自己表現できる
・物理的な制約を超えられる

 

結局ブログは、文章を書いたり、写真をのせて自分を表現する場です。

 

そこには常に読者がいます。

 

ブログを、完全クローズドにして、自分だけの日記にしてもいいです。実は、私もそういうブログを更新していたことがあります。

 

そこに読者はいないので、他の人の生活に違いを生み出すことはできません。

 

書き手も読み手も自分なので、わざわざ自己表現する必要もありません。

 

読者をどの程度まで意識するかは人によりますが、「自分以外の人が見るのだ」とわかっていたら、その内容は自分の日記に書くこととは必ず違ってきます。

 

読者がいると、

 

1.匿名だし、不特定多数が相手だから、リアルの友だちや家族には言えないことも書ける。

 

2.不特定多数が相手だから、状況を説明するために、自分の中では当たり前のようにわかっていることも、また、わかっていないことも、きちんと言葉にしなければならず、自分なりに整理して書くことになる。

 

こんなことがおきます。

 

この2つはリアルの生活だけしているとなかなかできないことです。

 

紙の日記やクローズドのブログに、日々の備忘録や自分の考えを書くのは、頭の整理にはなります。ですが、自分が相手なので、そこまでつきつめて書く必要はありません。

 

しかし、常にブログを書いて、ふだん口にしないようなことや、なんとなくもやもやっと思っていることを言語化していくうちに、リアルの生活では気づいていなかった、自分の思わぬ本音に気づきます。

 

誰かと話しをしていたり、文章で伝えようとしているときに、「あ、私ってこんなこと考えていたんだ」と思うこと、よくありませんか?

 

毎日ブログを更新していると、自分でも気づいていなかった自分の気持ちにどんどん気づいてしまうのです。

 

しかも、ブログを書くと、ふだんの生活では決して会うことが叶わない読者から、コメントや、お便りをいただくことがあります。

 

こうしたメッセージも、新しい気付きを運んでくれます。交流して楽しいだけでなく、書き手はさらに新しい視点を得ることができるのです。

 

視点が増えて複眼になると、これまで「あたりまえだと思っていたこと」が、あたりまえではなくなります。

 

そして、自分では思いもよらなかった行動をとるようになります。

 

ブログがもたらす自己変容

 

風花初芽の作者、風花未来さんのレポートかテキストか忘れましたが、「自分が変わり、ブログが変わり、読者が変わる」という箇所があります。

 

これは本当のことなのですよ。

 

私はブログを書き始めてからかなり変わったと思います。

 

私はもともと、人のことなどどうでもいい、個人主義的なところがあります。

 

自分はミニマリストだけど、他人はマキシマリストでもタメコミアンでも、大量消費社会の申し子でも、それはその人の勝手。

 

家の中がガラクタだらけの汚部屋でも別にいい、顔に好きなだけ化粧品を塗りたくればいいし、甘いものもどんどん食べとけ、と思っていました。

 

ところが、今はおせっかいにも、毎日「筆子ジャーナル」で、物を捨てろ、よけいな物を買うな、睡眠をしっかり取れ、甘いものを食べるな、なんて書いています。

 

捨て方の本まで出版しました。

 

楽しいから書いているのですが、こういうおせっかいな自分、自分の考えを皆に発信している自分は、ブログを書いているうちに形成されていったのです。

 

よく、風花初芽の購入を検討している方から「私は人に言いたいことなんて何もない、趣味も特技も、情報発信することなど何もない」というお便りをもらうことがあります。これは、まさに昔の私なのです。

 

数年前まで、私のセルフイメージは、「他人なんてどうでもいいから、自分ひとりで家で静かに本を読んでいたい、ブログで人と交流するなんて、まっぴら」というものでした。

 

ところが、ブログを書いているうちに、次第に「自分の考えをみんなに知ってもらいたい、たとえおせっかいだと思われても」という自分に変わっていったのです。

 

結局、人は誰でも何らかの自己表現をしたいのです。

 

自分の考えや生活、昔の貧乏話を、ブログに書いていたら、お金が入ってくるようになりました。

 

「稼げない…」と悩んでいる人は、もう少し自分をさらけ出してみては?自分が変わらなければ、読者は変わらない、つまり何のアクションも起こさないので、お金も入ってこないのです。