コンフォートゾーンを出る方法。同じ場所にいても人生は変わらない。

アフィリエイトで収益を出すためには、何はともあれ「アフィリエイトを始める」という行為が必要です。

 

ところが、多くの人はこれができません。

 

やったことがないから不安なのです。

 

不安のない世界はコンフォートゾーンです。稼ぐ人になるためには、コンフォートゾーンを出る必要があります。

 

今回は、コンフォートゾーンとは何か、どうやったらそこから一歩踏み出せるのかお伝えします。

 

コンフォートゾーンとは?

 

コンフォートゾーン(confort zone)は自分にとっての快適な領域、圏内です。脳科学や心理学で使われる言葉ですが、最近はビジネスでも使われています。

 

自分にとって心地のいい場所は、自分が心理的に傷ついたり、恐れることなく、ぬくぬくと生きていられる場所です。

 

とても居心地のいい場所ですが、そこでは、何の変化も冒険もありません。

 

今の生活や人生にあまり満足しておらず、「もっとこんなふうになりたい」「こんなふうになるといいな」という夢や希望があるなら、コンフォートゾーンにとどまっていてはだめなのです。

 

ちょっといやだな、不安だな、苦手だな、と思う世界に足を踏み入れなければ、何も変わらないのです。

 

環境を変えなければ結果も変わらない

 

アインシュタインの名言にこんなのがあります。

 

We cannot solve our problems with the same thinking we used when we created them.

 

「その問題を作ってしまったときと同じ考え方をしていたら、その問題を解決することができない」。

 

何か問題をかかえているのなら、違う考え方をし、違う環境にしなければ、その問題は解決しません。

 

やはりアインシュタインの言葉で、こんなのもあります。

 

The only source of knowledge is experience.

 

「知識の唯一のみなもとは経験である」。

 

何ごともやってみなければわからないのです。

 

きのうより少しでも前に進みたかったら、きのうと同じことをしていてはだめ。勇気を出して、一歩踏み出しましょう。

 

と言っても、そう簡単には踏み出せない、という面はあります。

 

去年の今頃、風花初芽をやってみたいけど、自分ができるかどうか自信がないから、筆子さんが実際に風花スタイルで作っておられるブログを見せてください、とメールをいただいたことがあります。

 

風花初芽とは?風花初芽のレビュー~「プチリッチ」への扉の鍵がここにある

 

「風花初芽実践物語」もまぎれもなく、風花スタイルで作っているのですが、これだけでは足りないようです。

 

実のところ、人のブログを見たところで、自分にできるかどうかはわかりません。

 

きょう配信したメルマガにも書きましたが、ブログはオリジナリティが大事なので、私と同じようなブログを作ってしまったら、そこで負けです。

 

「メインブログは、風花初芽の購入特典で紹介しているので、見せることはできません」とお答えしたら、不安が消えないから、やはりやめておく、という返事でした。

 

正直、この人は何をこんなに怖がっているのか不思議でした。

 

アフィリエイトをやるのって、そんなに心配なことでしょうか?

 

いずれにしろ、この方の不安は一生消えないでしょう。なぜなら、不安を消す一番いい方法は、コンフォートゾーンを出て、やってみることだからです。

 

コンフォートゾーンを出る方法

 

あまり深刻にならず、ふっとコンフォートゾーンを出てしまえばいいのですが、不安な人はこんな方法をとってください。えらそうに書いていますが、私も練習中です。

 

コンフォートゾーンを出ることに慣れる

 

アフィリエイトじゃなくてもいいので、今までやったことがない新しいこと、ちょっと不安なことを、毎日やるようにしてください。

 

コンフォートゾーンじゃない場所に自分の身をおくことに慣れるようにするのです。

 

小さなことから始める

 

コンフォートゾーンを出なければ成功しないからと言って、いきなり大きなチャレンジをしないでください。

 

たとえば、会社をやめる、とか、離婚するとか、そういうことはやらなくてもいいです。

いつもと違う道を行くとか、いつもと違う店に行くとか、いつもは話しかけない人に話しかけてみるとか、そういうことから始めてください。

 

喫茶店でいつも座る場所が決まっている人は、違う場所に座るとか、わざと相席をするとか。

 

ちょっぴり心理的抵抗のあることをしてください。

 

恐怖を再定義する

 

新しいことをするのは不安で怖いのですが、これを「恐怖」とは思わず、「楽しい冒険」、「チャンス」と捉えるようにします。

 

実際、チャンスですから。

 

何を怖れているのか明確にする

 

アフィリエイトを始める前に、いったい何がそんなに不安なのか、紙に書いて自分の不安を明確にしてください。

 

●失敗したら7700円がもったいない。
●うまく行かなかったら時間がもったいない。
●身バレするのが心配。
●アフィリエイトで失敗したら、アフィリエイトで稼ぐ道が閉ざされるから(実際はそんなことはありません)。

 

こんなふうに書いて、さらにもう一歩つっこんでください。

●なぜ7700円を失うのが嫌なのか。
●なぜ時間を失うのが嫌なのか。
●身バレすると、いったい何が困るのか。
●アフィリエイトで稼ぐ道が閉ざされると、どうなってしまうのか。

 

突き詰めて考えると、その不安は別に不安でもない、ということがわかります。

 

理由を考える

 

なぜ、コンフォートゾーンを出て、そっちの道へ行きたいのか、その理由を考えてください。

 

風花初芽を始めるかどうか迷っているのなら、なぜ自分は始めたいと思っているのか、その理由を考えてみるのです。

 

自分は本当はどうしたいのか考えてみると、コンフォートゾーンを出るしかない、とわかるかもしれません。

 

失うものと得られるものを比べる

 

ノートの真ん中に線をひっぱって、左側にコンフォートゾーンを出ることで、失うものを書いてください。アフィリエイトの場合、特に失うものはないと思いますが。

 

次に右側に得られるものを書きます。

 

書き上がったら2つを見比べてください。

 

失うものより得られるもののほうが多いかもしれません。
fudeline
世の中には本当に怖い挑戦もありますが、アフィリエイトを始めることは別に大したことではありません。

 

失うものなんてほとんどありませんから。

 

風花初芽を買うことは、コンフォートゾーンを出る練習にちょうどいいぐらいです。