はじめて無料レポートをダウンロードして、読者登録に励む日々。

五十路を越えた私がアフィリエイトを始めた当時のことを書いています。

 

2012年、遅寝遅起き生活をし、家事もブログワークもろくに進んでいなかった夏、私はとある無料レポートをダウンロードしました。

 

実は無料レポートをダウンロードしたのはこれが初めてです。

 

このレポートの作者は、当時、私が読んでいたメルマガの発行者、Kさん。内容はアメブロにおける集客のやり方です。

 

 

はじめての無料レポートをダウンロード

 

無料レポートをどこで見つけたのかはっきりとは覚えていません。たぶんKさんのメルマガかブログにリンクがあったのでしょう。

 

「メルぞう」のような、無料レポートを紹介しているサイトからではなく、Kさんのサイトからダウンロードしました。

 

Kさんが「私の秘宝」と呼んでいた「ノウハウ」を「あなたに無料で提供します」という文字を読み、思い切って申込みました。

 

無料のテンプレートの申込みをして、結局高くついたので、無料の何かをダウンロードすることにちょっと警戒心を抱いていました。

 

このテンプレート、うまく扱えなくてかなり苦労しましたから。

 

テンプレートの話はこちら

軽率な性格のせいで高額のテンプレートを買うことになってしまった話。

軽率な性格のせいで高額のテンプレートを買うことになってしまった話。

アフィリエイトを始めたばかりのころの話を書いています。パソコンスキルがなさすぎて、テンプレート設置に苦労しましたが、1週間かかってようやくおしゃれなテンプレート ...

投稿 2016/12/04

とは言え、私の技術が足りなかっただけで、そのまま使う分には悪くないテンプレートだったと思います。

 

値段がちょっと高い、と今でも思いますが。

 

いろいろ問題点はあったものの、2年ちょっとこのテンプレートを使っていました。使い倒したといってもいいぐらいです。

 

テンプレートでこりていたのですが、当時の私は「無料」という言葉に弱かったし、なんとなくこのままやっていても、稼げそうになかったので、レポートをダウンロードしてみました。

 

レポートに従って読者登録を開始

 

Kさんの無料レポートには私には意味のよくわからない言葉がたくさんのっていました。

 

アメブロのアクセスアップのためには、積極的に読者登録をしなければいけないらしい、ということはわかりました。

 

読者登録とはアメブロの機能の一つです、あるブログに読者登録しておくと、そのブログが更新されるたびに、自分の管理ページに通知されます。

 

好きなブログの読者になっておけば、更新されるとすぐわかり、さっと読みにいけるのです。

 

SNSでフォローするようなものです。

 

レポートの内容はほとんど忘れてしまったのですが、自分から読者申請すると、それを受け取った相手が自分のブログの存在に気づくから、アクセスアップにつながる、などと書いてあったと思います。

 

返報性の原理が働くからです。

 

返報性の原理についてはこちらに書いています。

コメントまわりという不毛な行為で貴重な時間を失ってはいけない

コメントまわりという不毛な行為で貴重な時間を失ってはいけない

「コメントまわり」という言葉を聞いたことがありますか?これもアフィリエイト用語ではないでしょうか?今回は、この言葉について説明します。コメントまわりは、「コメン ...

投稿 2016/08/23

 

それまで、ほとんど読者登録していなかったので、早速始めてみました。
ただ、かなり面倒くさい作業です。

 

今のアメブロのことはわかりませんが、当時は、読者登録は1日50件までできました。また、全部で1000個のブログまで、という制限がありました。

 

「1日50件を20日続ければ、1000件に達する。だからガンバレ」、とアメブロの集客系ブログに書いてあったものです。

 

ですが、1日50件なんてとてもできません。読者登録するツールもありますが、私はもちろん手動です。

 

雨だれ式に読者登録を行う

 

はじめは、読者登録するツールの存在は知りませんでした。ですが、そういうものがあるらしいとすぐにわかりました。自分自身が、ツールで発信されている申請を受け取っていたからです。

 

ツールで作成されるメールはひじょうに不自然です。

 

読めば「あ、これコピペ?あなた、みんなに同じメール送っていますね。私のブログなんて全然読んでないし、これからも読む気ないでしょう」という気持ちになりました。

 

ツールを使って一度に大量に送信すると、ほとんどすべて迷惑メッセージに入ります。

 

要するにスパムです。

 

私はアクセスは増やしたいものの、こんな不毛なメールは送りたくありませんでした。

 

ツールは使わず手動で読者登録しました。

 

相手のブログを見て、プロフィールを読み、記事もちょっと読んで、おもしろかったら、さらに記事を読み、それから読者申請するので異様に時間がかかりました。

 

「はじめまして、筆子と申します」とか「読者登録させていただきます」といった文章は辞書登録しました。

 

ところが、せっかくそういう文章を辞書登録していても、ついつい相手によって違う文面でメールを書いてしまいます。

 

というのも、同じ文面のメールを金太郎飴のごとくタイプしていると、書いている自分が飽きてくるからです。創造性のかけらもないのですから。

 

この読者登録を、時間に余裕がある時や、気がむいた時だけやっていました。

 

Kさんの指示する数値を大幅に下回る数の読者登録を、ぽつりぽつりと雨だれ式におこなう日々が続きました。

 

次回に続く…

 

お手本選びは慎重に

 

実はKさんのメルマガ、まだすべて持っているのですが、今読んでも、自分の方向性とは違うな、と思います。

 

プロダクトローンチとかレバレッジがどうとか書いてあります。それぞれの言葉を詳しく説明しているわけでもありません。

 

プロダクトローンチとは、新製品を売り出すことです。それも大々的に売り出します。通常、メルマガなどで見込み客を集めておき、あるときばーんと売るわけです。

 

私、そんなことは一度もやったことがありませんし、やりたいとも思いません。

 

レバレッジとはレバレッジ効果、てこの効果のことです。てこを使えば、力をそんなにかけなくても、大きな石を動かすことができます。

 

金融の世界では手元の資金を使って、それよりずっと大きな金額を動かし、大きく稼ぐことです。

 

それとアフィリエイトと何の関係があるのだろうか、と思うわけですが、情報商材を売るメルマガを書いている人は、「レバレッジ」という言葉を好んで使っています。

 

最近はあまり聞きませんが、そもそもそういうメールを全く読んでいないからかもしれません。

 

アフィリエイトの世界では、レバレッジ効果の意味が少し変わっていて、稼げるポイントに、資金や労力など自分のリソースを注ぎ込む、という意味で使われているようです。

 

一口にアフィリエイトといっても、その人によってノウハウはもちろん、スタンスもかなり違います。

 

自分が目指している方向性と合致している教材から学び、「こうなりたい」と思う人の真似をしないと、袋小路にはまります。お手本選びは慎重にするべきです。

 

このシリーズを最初から読む方はこちらをどうぞ。

50代主婦の私がアフィリエイトを始めたきっかけとは?

50代主婦の私がアフィリエイトを始めたきっかけとは?

きょうは、なぜ私がアフィリエイトを始めたのか、その理由をお話ししましょう。私が初めて買ったアフィリエイトの教材は、風花初芽の前身の「風花心伝Rebirth」とい ...

投稿 2016/10/14