仕事を前倒しで片付ける4つのコツ。追われるのではなく追っていく。

ブログアフィリエイトで稼ぐためには、ブログをコンスタントに更新しなければなりません。

 

そのためには、仕事に追われるのではなく追っていく姿勢が求められます。

 

前倒しをすべきなのです。

 

実は私もわりあいギリギリに更新しているので、とても前倒し人間とはいえません。ですが、これでも一応、前倒しを心がけ、ときにはうまくいく日もあります。

 

前倒しするためにしている工夫を4つお伝えします。

 

1.前の晩に次の日のTo-doリストを作る

 

私の場合は毎日やることはほとんど同じです。そのほぼ同じタスクを毎日付箋に書いています。

 

たとえば朝はこんなふうに始まります。

 

スクワット 15分
ゴミ捨て 15分
お弁当つくり 15分
モーニングページ 30分
家計簿つけ 15分
筆子ジャーナル 更新 120分

 

15分が最小単位で、すべて15分で割れる数字になっています。

 

やる順番に付箋を厚紙に貼り付けています。やり終わった付箋はTo-doからはずします。

 

ある程度、作業時間を配分しておけば、今日やりたいことを、今日やれる可能性があがります。

 

このTo-doリストのポイントは所要時間の見積もりを15分単位ですることです。見積もりをすると、非現実的な計画をたてることを回避できます。

 

もう1つのポイントは、無理にスケジュールを詰め込まないこと。休憩時間もきっちり入れます。

 

To-doリストを書いておくと、「今、ここで30分予定外のことをすると、あとで絶対しわ寄せがくる」とか、「今、ここでこれに時間を使ってしまうけど、あそこで調整できる」と考えることができます。

 

To-doに入れても、やりきれないことがあります。そういうときは、その付箋に赤い丸印をつけ、翌日優先的にやるようにしています。

 

何も考えず、いきあたりばったりに仕事をしていると、あっという間に1日が終わります。To-doリストを作らないまでも、ある程度時間の使い方をプランニングすると、前倒しで仕事ができます。

 

2.どんな仕事も早めに終わらせる癖をつける(自分で締め切りを作る)

 

他人が決めた締め切りのある仕事(確定申告や家族からの頼まれごと)も、自分で締め切りを決める仕事(ブログを書くとか)も、本当の締め切りより早い段階の締め切りを自分で設定しています。

 

仕事をギリギリにやる人は、そのほうが集中力があがるというのですが、これは多分に言い訳です。

 

ギリギリにやるストレスはとても大きいもの。

 

ストレスをかかえながら仕事をしていると、ふだんならしない判断ミスを犯します。すると余計な仕事が増えます。

 

私は子どものころ、長年、夏休みの宿題をギリギリにやってきて、数々の辛酸をなめました。

 

わざわざ自分をあんな状況に追い込む人は、頭がどうかしていると思います。

 

宿題をやるのを先延ばししても、自分が苦しいだけですが、他人とかかわりがある仕事はさっさとやらないとことが面倒になります。

 

人間は将来起きることを楽観視する傾向があります。

 

いつも暗いことばかり考えている人は、「え、そんなことないでしょう」と思うかもしれません。

 

ですが、多くの人は、自分はがんにならないと思っているし(実際には日本で2人に1人、かんにかかっています)、ご主人がいつまでも今の会社に勤めて給料を持ってくると思っているし、貯金がないまま老後を迎えても、なんとかなるだろうと思っています。

 

楽観的な傾向があるから小さな仕事から大きな仕事まで先延ばしするのではないでしょうか?その結果、いつも仕事に追われてしまいます。

 

現実は、楽観したとおりには進みません。想定外のことなんて、いくらでも起きます。

 

だから早めの締め切りを設定して余裕を持たせておくべきなのです。

 

3.仕事を細分化する

 

やるべきことを先延ばしすると仕事に追われることになります。

 

なぜ、その仕事をやりたくないのか、その理由を考えたことがありますか?

 

たぶん、「むずかしい、大変だ、めんどくさい」という気持ちがあるからでしょう。

 

しかし、これは自分だけで思っていることです。それもきわめてあいまいな捉え方をしています。

 

自分でタスクを細分化して、現在の「むずかしい仕事」というあいまいな認識から、「これだけのことをやれば終わる仕事」という具体的な理解に変換します。

 

ブログの記事を書くことに対して「難しい作業だ」という先入観があると、先延ばししてしまいます。

 

そういう人は、1つの記事ができあがるまでにやるべきことを細分化してみてください。

 

1つのブログの記事ができるまでにこんなタスクが発生します

 

1.)トピックを決める
2.)リサーチする
3.)構成を考える
4.)書く
5.)修正する
6.)画像を用意
7.)投稿する

 

記事を書くにはパソコンが必要ですが、トピックを決めたり、リサーチしたり、構成を考えるのは、別にパソコンの前に座る必要はありません。

 

ネタはちょっとしたすきま時間に考えることができます。

 

「記事を書く気にはなれないけど、ちょっとリサーチしようかな?」という気にはなるかもしれません。

 

上では7つに細分化しましたが、これでもやる気になれない人は、もっと細分化してください。

 

たとえば、1~3のどこかでキーワードを決めたり、記事タイトルを考えるという作業が入ります。

 

私はたいてい、投稿する前に記事タイトルを決めていますが。

 

「タイトルだけ考える」「とりあえず画像を用意する」など、自分のやりやすいことから始めると、先延ばししなくなるでしょう。

 

記事を毎日投稿しなくても

 

初日:リサーチ
2日目:書く
3日目:修正とその他のこと、及び投稿

 

こんなペースでやれば3日に1本は記事ができあがります。すると、更新停止のままブログアフィリエイトからフェードアウトすることを回避できるのです。

 

私も本を書く時、タスクを細分化しました。

「1週間で8割捨てる技術」出版裏話(筆子)

「1週間で8割捨てる技術」出版裏話(筆子)

2016年3月18日にKADOKAWAから「1週間で8割捨てる技術」という本を出版させていただきました。姉妹ブログである、筆子ジャーナルの初の書籍化です。帯には ...

投稿 2016/06/03

 

4.日常生活すべてのことをすぐやるようにする

 

家事や身支度など、「仕事」という意識のない日常の行動すべてを早め早めにやるようにして、前倒しする癖をつけます。

 

たとえば

 

朝起きる時間
出勤や登校する時間
仕事を始める時間
仕事を終わる時間
お風呂の時間
布団に入る時間(寝る時間)
夕食の献立を決めること
洗い物をするタイミング
掃除をするタイミング
メールの返事を書くこと
手紙の返事を書くこと
家族や友だちにあげる誕生日のプレゼントを用意すること
年賀状を買うこと
医者に予約の電話をいれるタイミング

 

このような、「別に遅れても人に迷惑はかからない」「遅れても体制に影響はない」ささいなことすべてを可能な限り、前倒しでこなしていきます。

 

小さなことでも前倒しでやっていると、その恩恵に気づきます。またいつも前倒ししていると、それが当たり前の状況になります。

 

必然的に、少し手のかかる仕事も前倒しするようになるのです。

 
fudeline

このほかに環境を整えるのも大きなポイントです。

 

仕事を後回しにして、すぐにインターネットで時間つぶしをしてしまう人は、こんなふうに環境を整えてください。

気を散らさずにブログを書く10の方法。集中をそぐものはこうして断つ。

気を散らさずにブログを書く10の方法。集中をそぐものはこうして断つ。

きょうは、私がブログ書きに集中するために工夫していることを10個お伝えします。記事を書き始めても、すぐにほかのことに気を取られたり、気が散る人は多いようです。パ ...

投稿 2016/10/28

 

可能なら付き合う人も選んだほうがいいです。

 

たぶん、周りの人が仕事を後回しにする人ばかりだと、自分もそういうタイミングで仕事をするようになります。

 

そういう会社、あるのではないでしょうか?

 

その逆も考えられますが。

 

私の夫はギリギリにならないと行動をおこさないタイプです。娘は宿題や試験の準備はギリギリにやっていますが、ほかのことは、わりと早めにやります。

 

夫の先延ばしグセのせいで、何度も困難や混乱が生じ、迷惑を被ったため、私と娘は自衛するようになったのです。

 

しかし、基本的に、周囲の人の仕事に関するモラルに自分も影響を受けると思います。

 

自分がふだん目にするもの、読んだり聞いたりするもの、会話をする相手を注意深く選んでください。