稼げるアフィリエイターになるために読解力をあげる10のステップ。

ブロガーとして成功するために学習能力を高めるシリーズ。今回は読解力を高める方法をお伝えします。

 

ブロガーには読む力は必須です。

 

アフィリエイトのやり方を学ぶときも、記事ネタをリサーチするときにも、「読む」という行為は不可欠です。

 

「ふだん読むことをおろそかにしている」「ちゃんと読んでいるつもりなのに、勘違いが多い」。そんな悩みがある人はまずは、読む力をつけてください。

 

読解力をあげる方法をステップ・バイ・ステップでお伝えします。

 

0.「読む」という行為をスキップしない

 

ゼロ番として、「ちゃんと読む」という項目を入れました。

 

なぜなら、テキストを読まない人が少なからずいるからです。とっても不思議なのですが、風花塾に入ったのに、しっかりテキストを読まない人がいます。

 

風花塾とは?

風花塾11期申し込み開始のお知らせ。筆子も講師として参加します。

風花塾11期申し込み開始のお知らせ。筆子も講師として参加します。

2016年9月1日から開講予定の風花塾11期の申し込み受付が開始されました。現在は先行募集中です。8月10日まで先行募集で特別価格で受付、その後一般募集となり、 ...

投稿 2016/08/01

 

受講料の中に、テキスト代も入っています。

 

テキストを読まずに、元が取れない、とか、元が取れた、と論じるのはおかしなことですよね?

 

提供されたリソースを全部活用していなかったら、元が取れなくても、それは自然の成り行きです。

 

道場破りというか、たくさんの塾に入るのが趣味、という人ならわかりますが、ノウハウを学ぶために入塾するのなら、テキストは読んだほうがいいです。

 

最近の風花スタイルのテキストは、決してボリュームは多くありません。「とてもじゃないけど、読みきれない」という分量ではないので、しっかり目を通してください。

 

1.そのテキストを読む目的を明らかにする

 

テキストでも本でもいいですが、読む前に、自分がなぜそれを読むのか、目的を確認してください。

 

なぜなら、目的によって、読み方がかわってくるからです。

 

2.読み方を決める

 

本やテキスト、記事の読み方はいくつかあります。代表的なのは

 

スキミング

ここでいうスキミングは、クレジットカードの犯罪の手口ではなく、ポイントだけ押さえながらざっと読む方法です。

 

リサーチとして、本、雑誌、新聞記事などを読んでいるときは、何も一字一句丁寧に読む必要はありません。

 

論理的に書かれている文章なら、それぞれのパラグラフの見出しや、最初の文を読むだけで、意味がとれます。

 

人がブログを読む時は、スキミングをしているのではないでしょうか?

 

スキャニング

必要な情報や単語だけを、ぱぱっと探して、その部分を読むことです。

 

たとえば、プリンターのインクを替えたいけど、替え方がわからないとき、目次や索引から、「インクの替え方」という文字を探します。目次も索引もないときは、ページをパラパラしながら、それらしい文字を探して、該当のところだけ読みます。

 

これがスキャニングです。

 

精読する

ふつうに注意深く読む方法です。とは言え、必ずしも一字一句読む必要はなく、求めているものが得られれば、それでOKです。

 

ノウハウを学ぶために、テキストを初めて読む時は、精読をおすすめします。

 

以降は、アフィリエイトのテキストを読むことを想定しています。

 

3.読む前に自分に質問する

 

読む前に、目的を明確にするように、書きました。そのために、こんなことを自分に問うてみるといいでしょう。

 

- このトピックについて、私はすでに何を知っているか?
- さらにどんなことについて知りたいか?

 

問題を提示することによって、テキストを読んで、その問題の答えを得る、という、目的意識がはっきりとした読書になります。

 

「目的なんてまったく検討がつかない」というときは、目次だけをすべて読んでください。

 

すると、「ああ、これはもう知ってそうだけど、こういうところは自分はよくわかってないから、ここはしっかり読もう」と思うものです。

 

テキストを読んでも、理解が浅いのは、「そのテキストから何かを知る、学ぶ」という目的意識が低いからだと思います。

 

ただ配布されたから読むのではなく、「私はこのテキストを読んでこんな結果を得たいのである」と意識して読むことをおすすめします。

 

4.読みながら質問する

 

少しずつ読み進めて、きりのいいところでさらに質問します。

 

「これって、どういうこと?」

「著者は、何を言いたいのかしら?」

「こんなふうにするにはどうしたらいいんだろう?」

 

まあ、質問は何でもいいのです。ただぼーっと読んでいると、何も頭に入らないので、常に心の中で質問をしながら、著者の意図を汲み取りつつ、読んでください。

 

5.よくわからないところは何回か読む

 

時には、「何を言っているのかさっぱりわからない」と思うところもあるでしょう。

 

そういう箇所には付箋を貼って、何度かゆっくり読んでください。

 

そして、また自分に質問します。

 

「これは、いったいどういう意味なの?」

 

丁寧に数回読んでもわからなかったら、次のような行動をしてください。

 

読んでいるものがわからないのは、ちゃんと理由があります。1つ1つの問題の解決を試みます。

 

知らない言葉がいっぱいある
日本語能力が低く、知らない言葉があったら、面倒くさがらず、辞書をひいて調べてください。検索エンジンを使ってもいいです。

 

その本のテーマ(この場合はアフィリエイト)について、何も知らないと、専門用語がわからないでしょう。

 

そういうときも、ざっとでいいので調べてください。検索すれば一発で出てきます。

 

こちらでアフィリエイト用語を書いています⇒アフィリエイト用語辞典の関連記事|風花初芽実践物語

 

ただし、専門用語を深く調べる必要はありません。辞書的な知識を持つだけで十分です。

 

また余裕があれば、同じ分野の本を読み、背景知識を仕入れてください。アフィリエイトに関して、最近はいろいろな本が出ています。

 

ブログもありますが、私は本を1冊読んでみることをおすすめします。

 

文章が長くて複雑
これは著者の責任なので自分ではどうしようもありません。修飾語はすべて取っ払い、主語と述語(動詞)と目的語だけ確認してください。

 

退屈すぎる
興味のないことを読んでいると、退屈さゆえ、よくわからないものです。そういうところは、スルーしかないでしょう。

 

今の自分にはよくわからない、という印に付箋をつけて、次へ行ってください。

 

気が散っている
目は文字を追っているけれど、脳はほかごとを考えている、という状況です。テキストを読むことだけに集中できる環境を作って、読んでください。

 

疲れている、眠い
体が疲れていると、脳も疲れているので、しっかり働きません。昼寝をするなどして、体調を整えてから読んでください。

 

なぜこんなもの読まないといけないのか、と思っている
課題や宿題など、外部から与えられたものをしぶしぶ読んでいると、全くおもしろくなく、中身も理解できません。

 

ポイントは自主的に読むこと。「自分が好きでそのテキストを買ったんだ」、「塾に入ったのは自分の選択だ」ということを思い出してください。

 

このあたりは、マインドの問題です。前回書いた記事を読んでください。

アフィリエイトの成功に必要な、学習能力を高める方法(マインド編)

アフィリエイトの成功に必要な、学習能力を高める方法(マインド編)

今日は学習能力を高める方法をお伝えします。「は?ここは学習塾のブログですか?」と驚いていますか?仕事で成功したかったら、学習能力は高いに越したことはありません。 ...

投稿 2016/09/25

 

6.イメージを思い浮かべながら読む(ビジュアライゼーション)

 

テキストの中身をより理解したいとき、脳内で、ビジュアライゼーションをすると効果的です。

 

アフィリエイトのテキストならば、頭の中でブログを思い浮かべたり、記事を書くなど、自分がその作業をしているところを思い浮かべながら読んでください。

 

そうすることで理解が深まるし、何より、書いている内容を自分ごととしてとらえることができます。

 

何でも行うまえに脳内で一度シュミレーションしておくと、何も考えていないときより、うまくできるものです。

 

今の自分ができるできないは関係ありません。「こんな感じかな?」とイメージしながら読むと、主体的に読めます。

 

私も寝る前に、翌朝、自分がむっくり起きて、パソコンのスイッチをつけ、パタパタと軽快に、とてもおもしろいブログの記事を書きあげ、「できた!」と思うところまでイメージングすることがあります。

 

7.自分の体験に引き付ける

 

想像力を駆使して、読んでいる内容を自分の体験に引き付けてください。

 

たとえば、あるアフィリエイトのテキストに、「こんな方法を使って大量のアクセスを集めます」と書かれていたとします。

 

この箇所を読んだら、「そういえば、これまで作ったブログには、ろくにアクセスなかったよね。それはこういうことをしていなかったからなんだ」と考えることが、自分の体験に引き付けることです。

 

自分がすでに持っている知識や体験に、新しくそのテキストから学んだ内容を結びつけたり、比較しながら読んでください。

 

そうすると、記憶に残りやすいし、これまた自分ごととして理解できます。

 

テキストを読んでもまったく理解できない人は、どこか他人ごとだと思っているからです。

 

これから自分がそのノウハウを作って、こういうブログを作るんだ、という気概がないのです。

 

8.メモを取りながら読む

 

何だかよくわからない、よりよく理解したい、と思うときはメモを取りながら読んでください。

 

付箋にメモってもいいです。

 

風花初芽を実践する場合は、実践ノートに気になったことをメモしていきます。たとえば、

 

- 覚えておきたいこと
- その章で特に作者が伝えていること
- もっと深く知りたいと思ったこと
-  よくわからなかったこと
-  これはおもしろい、と思ったこと
-  全く同意できなかったこと

など。

 

メモですから、長々と書く必要はありません。

 

このメモは思考の整理にもなるし、あとで要点だけ読み返したいときにも使えます。

 

9.テキストの最重要ポイントを確認

 

テキストを読み終えたら、

 

- このテキストで作者がもっとも伝えたいことは何か
(これはアフィリエイトのテキストには向かないかもしれませんが、一応考えてみてください)。
- その「伝えたいこと」が自分とどんな関係があるのか?
- テキストで学んだことをどんなふうに活かしたいか?
- このテキストだけでは足りないことはないか?

 

こんなことを考えてください。

 

必要に応じて、またテキストに戻ったり、ほかの本を参照したりします。

 

10.実際にテキストに書かれていたことを実践

 

ふつうの本はら9番までやればいいのですが、アフィエイトのテキストの場合、実践しないと、理解が深まりません。

 

テキストから学んだことを実際にやってみて、つまづいたらまたテキストに戻ってください。

 

これを繰り返すうちに、テキストに書かれている内容の理解度があがります。

 

番外:頭に入れたことを紙の上に再現してみる

 

アフィリエイトのテキストにここまでやらなくてもいいですが、たとえば、語学書などを読み、内容をしっかり頭に入れたかったら、テキストを読み終わったら、テキストから学んだことを、何も見ず、紙にざっと書きだしてみてください。

 

たいていほとんど忘れていますが、覚えていることだけを書いてみます。

 

そして、テキストを見直して、残りを埋めます。

 

これを本1冊分やろうとすると大変なので、各章とか、各ポイントごととか、特に自分が覚えたいことについて、やってください。

 

すると記憶に残りやすいです(しかしその後何もしないとそのうち忘れます)。
fudeline
このぐらいしっかりテキストを読んでから、「テキストの内容が理解できません」というメールを送ってきてください。

 

手順を書くとめんどくさげですが、ほとんどは脳内で短時間(数秒から数分)でやる作業ばかりです。ポイントは、

 

●問題意識を持って読む
●自分ごととして読む
●読んだら実践し、またテキストを読む

 

この3つだけです。

 

読解力をつけると、アフィリエイトだけでなく、ふつうの本を読むときにも学びが深くなりますので、ムダな作業ではありません。