ブログの記事が消えたときの対処法。これで戻るかもしれない。

せっかく書いた記事が何かの拍子に全部消えてしまって、たとえようもない脱力感に襲われる。

 

こんな経験ありますか?

 

私は何度もあります。

 

最初はアメブロを使っていたのですが、よく下書き中に記事が消えました。最近のアメブロは知りません。2012年の話です。

 

記事が消えるたびに脱力していましたね。

 

さすがに4年以上職業ブロガーをやっていると、多少は対策を考えるものです。今回は、昔の私と今の私の2本立てでお送りします。

 

消えた記事を復活させる方法(100%確実ではありません)、記事を消さない対策を知りたい方は「記事が消えたときの対処法」に飛んでください。

 

 

消えた記事の謎(昔話)

 

その日私は、いつものように記事を書いて、「下書き」というところをクリックしました。

 

あれ?

 

「下書きができませんでした」みたいなメッセージが出ます。

 

またクリックしましたが、エラーです。もう1回やってもエラーです。

 

アメブロは「あとでもう1回やってみてください」みたいなメッセージをよこします。

 

「あとで」と言われてもね。

 

私は、今すぐ投稿したいのです。なぜなら、もうすぐ娘(この頃中学生)が学校から帰ってくるから。するとが娘がパソコンを使います。

 

当時は娘とパソコンを共有していました。私がパソコンを使うのは娘が学校に行っている時間帯。

 

午前中は一応家事をしていたので、私のパソコンタイムは午後の数時間。それから、娘が寝たあとに1時間(プラスアルファ)ほど作業していました。

 

今はどちらかというと早寝早起きですが、この頃は遅寝遅起きでした。

 

自分のパソコンタイムのあいだに下書きができないと困ります。

 

そこで、意地になって何度もやり直していました。

 

すると。

 

何かの拍子に、せっかく書いた記事が全部消えてしまう、という事件がよく起こりました。

 

は?消えた?

 

思わず目が泳いでしまいます。

 

今までここにあった記事はどこへ行ってしまったのか?

 

手を止めて、ゆっくりあたりを見回してみます。そんなことをしても失われた記事は帰って来ません。

 

ひじょうに不可解かつ残念です。

 

ああっ。

 

いつものポーズをとりました。

 

いつものポーズとは、パソコン机に肘をつき、両手で頭をかかえながら、この世の無情を嘆くポーズです。

 

「ただいま~」

 

のんきに娘が帰ってきます。
しかも、こういう日に限って、友だちを連れて来ている。

 

おやつを出さなければなりません。
なんの買い置きもないけど。
なんか用意しなきゃ。

 

ああ、きょうも何も進まなかった…。
夕焼け小焼けで日が暮れて、山のお寺の鐘がなる。

 

そんな日々を過ごしていました。

 

記事が消えたときの対処法

 

ブラウザの履歴をチェックする

 

記事が消えたらブラウザの履歴から編集画面に入ってみてください。もしかしたら、途中まで保存してあるかもしれません。

 

「消えた」と思ったら、その時点であまりあちこちさわらず、すぐにブラウザの履歴を見るのがポイント。

 

Google Chromeならば、CtrlキーとHのキーを同時押しすると、履歴のページが出ます(こういうのをショートカットキーといいます)。URLは chrome://history/ です。

 

Google Chrome 履歴画面

 

上のほうが最新ですから、そのあたりに編集画面がないか探してください。この画面上でクリックすると、画面(タブ)が上書きされて開くので、右クリックして、別タブで開けて調べたほうがいいです。

 

WordPressの場合は、新規のまっさらな投稿画面が出るのでこの方法は使えません。しかし、WordPressは自動保存機能がついているので、そもそも「消えた(涙)」という状況にはならないでしょう。

 

この方法が使えるブログサービスと使えないサービスがあります。もし消えてしまったら、一応チェックしてください。復帰できるかもしれません。

 

インターネットエクスプローラーを使っている場合は「ツール」から「最終閲覧セッション」とかなんとかそんなものを開いてみてください。もちろん履歴を見ても同じだと思います。

 

履歴に残っていなかったら、一から書き直すしかないです(たぶん)。

 

記事が途中で消える事故を防ぐためにできること

 

自動保存機能のあるエディタで下書きをする

 

使うものは何でもいいです。Evernoteが人気みたいですが、私は使っておりません。

 

以前は、WZ Write 2 というテキストエディタを使っていましたが、タイミングによってはバックアップをとらないので、今は直接WordPressの編集画面に書いています。

 

 

WordPressは記事を自動保存する機能がデフォルトでついています。メルマガの下書きはWZ Write2に書いていますが。

 

私がブログを書く手順はこちら。

アフィリエイト用に書いているブログの更新の手順、7つのステップ

アフィリエイト用に書いているブログの更新の手順、7つのステップ

アフィリエイト用に書いているブログの更新手順を7ステップに分けて解説。といっても、書いて、投稿する、という2ステップが骨子です。下書きはテキスト・エディタを使っ ...

投稿 2016/06/10

私のように途中でフリーズしがちなパソコンを使っている人、停電の多いところに住んでいる人、そそっかしくて、閉じてはいけない画面を閉じることが多い人は、自動保存できるエディタに下書きをしたほうがいいかもしれません。

 

 

FC2ブログは自動保存機能をオンにしておく

 

FC2ブログは記事の自動保存機能があるので、これをオンにしておけば記事が消えてがっかりすることがなくなります。

 

設定⇒環境設定⇒投稿設定 のところに「自動下書き保存」があるので、こちらで「行う」を選んで設定を「更新」します。

 

FC2自動保存機能

 

 

なお、この機能は新規投稿画面にしか適用されません。過去記事を直しているときは自動保存しません。私は過去記事を修正しているときに、何度か涙をのみました。
fudeline
最近は昔に比べてインターネットの接続は安定しているし、各種ブログサービスの機能も向上しています。

 

記事が途中で消える事故に遭う確率は激減したと思われます。

 

以前は何度も記事が消えて、何度も一から書き直していました。

 

3000文字以上ある記事を最後の最後で消したこともあります(下書きにメモ帳を使っていました)。

 

この時は時間切れだったので、短いバージョンで記事を書き、後日、書き足しました。

 

「記事は時々消えることがある」と知りながら書いていると、消えたときのダメージが少ないです。一度、記事を書いているのですから、時間さえあれば、また一から書くのはそんなに大変ではありません。

 

こんなことを何度もやっているうちに、ある程度集中してそれなりに文字数のある記事を書けるようになりました。

 

このシリーズを最初から読む方はこちらから。

50代主婦の私がアフィリエイトを始めたきっかけとは?

50代主婦の私がアフィリエイトを始めたきっかけとは?

きょうは、なぜ私がアフィリエイトを始めたのか、その理由をお話ししましょう。私が初めて買ったアフィリエイトの教材は、風花初芽の前身の「風花心伝Rebirth」とい ...

投稿 2016/10/14

 

続きはこちら。

はじめて無料レポートをダウンロードして、読者登録に励む日々。

はじめて無料レポートをダウンロードして、読者登録に励む日々。

五十路を越えた私がアフィリエイトを始めた当時のことを書いています。2012年、遅寝遅起き生活をし、家事もブログワークもろくに進んでいなかった夏、私はとある無料レ ...

投稿 2017/02/12