アフィリエイトで稼いだお金の使い道について考える。

あなたはアフィリエイトで稼いだお金を何に使っていますか?

 

旅行に行く? おいしいものを食べる? 靴やバッグを買う?

 

まだろくに稼いでいなくても、アフィリエイトで稼いだお金をどんなふうに使うのか考えると、モチベーションアップにつながります。

 

現在ほんの少ししか収益が出ていない人も、「こんなことに使いたい」という夢を思い描いてみてください。

 

参考までに、私の夢や使い道をお知らせしますね。

 

 

私の夢

 

私はたっぷり稼いだら、家族でコンドミニアムに引っ越して、ピアノを買って、毎日雨だれのように弾いてみたい、なんて夢があります。

 

「雨だれのように」とはショパンの「雨だれ」を弾くという意味ではなく、雨だれのようにぽつぽつと弾く、ということです。

 

私のイマジネーションの中では、流暢に弾くのではなく、ピアノを習い始めたばかりの子どものように、ポツリポツリと弾くのが楽しいのです。

 

食品はすべてオーガニックで、お手伝いさんを雇って家事をしてもらいたい、とも思っています。

 

また、もっと気候のいいところに移住したい、という夢もあります。

 

気候がよくて人気なのはオーストラリアですね。ただ、オーストラリア英語を聞き取る自信は全くありません。

 

娘が小学校のとき、オーストラリア出身の子どもが数年だけ同じ学校に通ったことが何回かありました。

 

その子どもたちの親と話す機会がありましたが、ものすごく基本的な単語の聞き取りに苦労しました。

 

たとえばMondayとか。Mondayはマンデーではなく、マンダイです。today は トゥダイイ、paperはパイパーです。頭がグラグラしました。

 

オーストラリア英語にもバリエーションがあり、聞き取りやすい人もいれば、壊滅的に聞き取れない人もいました。

 

娘はオーストラリアから来たある女の子とひじょうに仲良くなり、よく遊んでいました。

 

きっと英語ネイティブにとっては、オーストラリアの英語なんて、ちょっとしたバリエーション程度で、全く問題ないのでしょう。

 

英語ネイティブは、日本語ネイティブの私より文法がしっかり内在化されているので、うまく類推できるのだと思います。

 

現実の使い道

 

こんな夢はあるものの、現実は、生活費と歯医者代と老後のための貯金に消えています。

 

実は、私がアフィリエイトで稼いだお金を貯金に回せるようになったのは、つい最近のことです。

 

それまではすべて生活費と娘にかかるお金と歯の治療代に使っていました。

 

我が家は、夫が家賃と光熱費を払い、ほかの費用を私が払っています。おもに食費と教育費です。夫が家賃や光熱費を払えない時は、私が出しています。

 

娘にかかるお金は、小遣い、学費、交通費、交際費、修学旅行代、医療費など。

 

彼女はiPhoneを持っていますが、それも支給し、通信費も私が払っています。iPhoneはこの春、買い替えましたが、娘は自分のiPhoneのケース代だけ払いました。

 

ただし、高校2年のクリスマスから、娘がアルバイトを始めたので、その後はかなり楽になりました。小遣いをあげなくてすむようになったので。

 

娘は衣料品、化粧品、歯磨き粉、歯ブラシなど、自分の身の回りのものは原則、すべて自分で買っています。これは私が頼んだことではありません。

 

小さいときからずーっと貧乏だったので、娘は家にお金がないことをよく知っているのです。

 

今でも、突発的に「20ドルちょうだい」などと言われることがありますが、前に比べたらたいした負担ではありません。

 

大学の授業料は、母が、娘が生まれたときからずっと少しずつ積み立てていたお金を送ってくれたので、秋季の分はそれを使いました。3068ドルぐらいです。

 

テキスト代は娘が出しています。

 

大学に入学する前に、娘はイケアで机を買いましたが、その代金は私が払いました。

 

また、最近、娘は中古車を買ったのですが、その代金も私が払いました。1万ドルです。これは、のちのち返してもらうことになっています。

 

そんなふうに、娘にはけっこうお金を使っています。

 

歯医者にお金を貢ぐ人生

 

私が自分のために使うお金で一番大きいのは歯の治療代です。

 

健康がとりえの私ですが、歯だけは例外で、今までどれだけ歯の治療にお金を使ったか計り知れません。

 

「私は歯の治療をするために生まれてきたのかもしれない」、と思うほどです。

 

今の子どもたちは、小さいときから、親に仕上げみがきしてもらったり、食事のあとに磨くように指導されたり、どこも悪くないのに歯の検診に連れて行ってもらったりしますよね。

 

私が子どものときは、そんなケアはなかったと思います。まあ、家だけかもしれませんが。

 

私の初めての虫歯の記憶は小学生のとき。学校で歯の検診があり虫歯が見つかりました。ふつうは親に言って、どこかの歯医者に連れていってもらうと思います。

 

ところが、私は1人で、近所をぐるぐる歩いて、自分で歯医者さんを探しました。なかなか見つからなくて、不安な気持で、そのへんをめくらめっぽう歩いたことを覚えています。

 

親に言わなかったんでしょうかね?

 

それとも、親に自分で歯医者を見つけて行くように言われたのでしょうか?そのあたりのことは何も覚えていません。

 

私の歯医者運の悪さはその時に始まりました。

 

それから日本とカナダを合わせて、生涯で8軒ぐらい歯医者さんに行きましたが、2軒(両方ともカナダの歯医者さんで、1軒は今通っているクリニック)をのぞいて、良い歯医者さんだと言えるところはありませんでした。

 

インプラントの歯医者さんは腕がよいのですが、めちゃくちゃ高いので、「良い歯医者」といっていいものかどうか?

 

まあ、私自身の意識も低かったのです。子どものころはともかく、成人した後は、もっとまじめに歯の治療のことを考えるべきでした。

 

一番失敗したと思う先生は、会社勤めしているとき、数年間通ったところです。

 

ここは会社の先輩の紹介です。その先生は、先輩の友だちのご主人でした。クリニックは会社からわりに近い場所で、バス1本で行けるところにありました。

 

先輩はいい人で「仕事中や、昼休みに行ってもいいよ。私の定期券を貸してあげる」と言ってくれました。

 

そこは、先生1人がやっているクリニック。このとき歯を1本抜いて、そのあたりの根幹治療をし、それが原因でおよそ30年後に歯を3本抜いてインプラントすることになったのです。

 

「なぜあの時、あんなに簡単に歯を抜いてしまったのだろう」、と悔やんでいます。

 

今さら悔やんでも仕方がありませんが。

 

fudeline
アフィリエイトで稼いだお金を自分のために使ったのは、歯医者をのぞけば、風花初芽を買ったり、風花塾代を払ったり、フランス語の教材や書籍代に使ったぐらいです。

 

そういえば、2年前、娘と里帰りしたときの飛行機代にも使っています。

 

よく、稼いだお金は新たに教材や塾、セミナーに投資して、さらに稼げるようにしなさい、と言われます。

 

サラリーマンで副業でアフィリエイトしている人は、すべて投資(こちらは資産運用のほう)する、という方もいます。

 

しかし、私の場合は、その大半を歯医者に費やしてしまったのです。

 

もしアフィリエイトをやっていなかったら、どんなことになっていただろう、と思います。

 

あの歯医者代をどうやって捻出していたのであろうか、と。

 

夫はお金を持っていないので、母に借りたかもしれません。

 

83歳の年金暮らしの母に。

 

インプラントはせず、入れ歯にしていたかもしれません。

 

そう考えると、たとえほとんどすべてのお金が歯医者に行ってしまったとしても、アフィリエイトをやっていてよかったと思います。

 

アフィリエイトの神さまに感謝する日々です。