サイドバーの効果的な使い方と注意点。

サイドバーを使うときのごく基本的な注意をお伝えします。

 

スマホからの閲覧が増え、もうサイドバーはいらない、という人もいます。しかし、サイドバーを使っているなら、丁寧に作ったほうがいいです。

 

 

サイドバーとは?

 

サイドバーとは、メインカラム(ブログの記事がのっている場所)の横の部分です。

 

向かって左にあるサイドバーを左サイドバー、右にあるのを右サイドバーと呼びます。

 

この説明でわからない方は、こちらの記事をごらんください。図解があります⇒カラム落ち(ブログのレイアウト崩れ)の対処法

 

PCから閲覧すると、ほとんどのブログに最低1つはサイドバーがあります。ワンカラムのブログの場合は、サイドバーはありません。

 

サイドバーは何のためにあるの?

 

サイドバーは単なる飾りではなく、メインのコンテンツ(記事)を読んでもらいやすいように副次的な情報を付け加えるものです。

 

記事がぼーんと出ているだけだと、ほかにはどんな記事があるのか、この記事を書いている人は誰なのか、そもそもここはどんなブログなのかわかりません。

 

サイドバーでは、自分が特に伝えたいことをアピールしたり、読んでもらいたい記事に注意を促すこともできます。

 

サイドバーに何をのせるべきか?

 

サイドバーには記事はのせません。記事はメインカラムの広い場所に入れます。

 

サイドバーには、ウィジェットプラグインと呼ばれるものをあしらいます。

 

プラグインがわからない方はこちらをどうぞ⇒ブログパーツの上手な使い方とは?

 

風花初芽を実践している方は、何をサイドバーにのせたらいいのか具体的に指示がありますので、それに従ってください。

 

その他のノウハウを使っている場合は、記事をよりよく読んでもらえるためのパーツや、自分が読者にアピールしたいものをのせてください。

 

重要なもの、特にしっかり見てもらいたいものを上に持ってきます。

 

サイドバーにのせるものの例

 

●自分のメルマガへの登録ページへのリンク。

私はメルマガを読んでもらいたいので、かなり上のほうにのせています。

 

●自分の商品の紹介

 

●カテゴリ

 

●人気のある記事

 

●AdSense(Googleのクリック課金型の広告のこと)

 

●プロフィール

 

●(ブログ内を検索できる)検索窓

 

●リンク

 

サイドバーを設置するときの注意点

 

両サイドバーの長さをそろえる

 

過去に何度も書いていますが、3カラムなら、両サイドバーの長さをだいたい同じにします。

 

そのほうが見た目がきれいで、整った印象があるため、ユーザーの印象がよくなります。

 

人間は左右対称のものを美しく感じるようになっています。世間でイケメンとか美人と呼ばれる人たちの顔のパーツは左右対称に近いです。

 

ある風花初芽の購入者さんのブログ(FC2ブログを使用)を拝見したら、左サイドバーが異様に長かったので、左右の長さをできるだけ揃えるようにアドバイスしました。すると「なかなか思うようになってくれません」という返事が来ました。

 

そのような方はこちらの記事を読んでください⇒サイドバーにブログパーツを貼る方法(FC2ブログの場合)画像つきで、詳しくわかりやすく説明しています。

 

シンプルにする(情報を盛り込みすぎない)

 

これもよく書いていますが、あまりにいろいろなプラグインをてんこ盛りにしないでください。

 

情報がたくさんありすぎるとユーザーが混乱します。見た目もひじょうにうっとうしいです。サイドバーがあまりにチカチカしていると、気が散ってしまい、じっくり記事を読むことができません。

 

サイドバーはあくまでサイドであり、一番重要なのはメインカラムにある記事である、ということを忘れないでください。

 

fudeline

 

これ以外にもサイドバーの効果的な使い方がありますが、その点については風花初芽のテキストを熟読してください。

 

ユーザーにとって使いやすいブログにしよう(読者目線)、自分のブログを育てていこう、という気持ちがあれば、おのずとサイドバーに神経を配ることができます。