ブログの記事の書き方について書いた記事のまとめ

ブログアフィリエイトをするとき、どんなふうに記事を書いたらいいのでしょうか?

 

記事の書き方について書いた記事をまとめてました。言葉や文章にこだわる風花式を実践している私なので、記事の書き方に関しては、あれこれ語っています。
古い記事から20個だけ集めました。

 

文章を書くことに苦手意識をお持ちの方は当記事をブックマークしてじっくり読んでください。

 

 

初心者向け記事の書き方指南

 

ブログでお金を稼ぎたいなら、「自分しかわからない記事」を書いてはいけない

 

独りよがりの記事にならないために気をつけたいことをまとめています。書きっぱなしにせず、時々過去記事を読むと、自分のあらがよくわかります。

 

アフィリエイトのブログならこんな写真を使ってはいけない。

 

写真の使い方の注意点。写真を効果的に使わないと、単に読み込みが遅くなるだけです。
写真も記事のうちかな、と思って入れてみました。

 

私が初めて書いたブログの記事。最初からスラスラ書けたわけではない。

 

2003年の夏に、はじめてインターネット上に文章を書きました。以来、ほぼ毎日何らかの記事を書いています。

 

といっても最初の9年はアフィリエイトのことは知らず、純粋に日記ブログを書いていました。

 

美容系、健康系のブログには免責事項の記載をお忘れなく(書き方の例文あり)

 

免責事項は必ずしも入れる必要はないと思うのですが、風花塾で、入れるように指導を受けましたの入れています。

 

AdSenseをやっている人は、プライバシーポリシーを入れるのは必須です。

 

改行の仕方を間違えていませんか?(初心者にありがちなミス3)

 

昔はスマホがなかったので、文の途中で改行してもよかったのです。が、今はスマホがあるので、句点(。)まできっちり書いてから改行すべきです。

 

個人的に毎回1行ごとに改行しない(エンターキーを押さない)ほうがいいと思います。

 

詩を書いているなら別ですが。

 

ただ、1行ごとに改行する人は、どうしても1行ごとに改行したいようです。塾で何度指導しても、いつのまにか元に戻っています。

 

アフィリエイトに顔文字を使ってはいけないのか?という質問の回答。

 

私はもともと全く顔文字を使わないので、顔文字を使いたい人の気持ちがよくわかりません。日本には独特の顔文字文化や絵文字文化がありますから、使ってしまうのもむべなるかな、とは思います。

 

けれども新聞、雑誌、社内文書に顔文字を使わない以上、ブログでの多用は控えたほうがいいと思います。

 

好き好きですが。

 

ついうっかりでは済まされない。嫌われるブログの5つの特徴。

 

好かれるかどうかは、記事の書き方と内容にかかっています。

 

5つのうちの1つが「上から目線すぎる」なのですが、「上から目線はよくありません」と書いている自分がけっこう上から目線だな、と思います。

 

ただ、自分の言いたいことは自信を持ってはっきり書くべきなので、「上から目線って言われちゃう」とびくびくしすぎるのも問題です。

 

挨拶で記事を始めていませんか?(初心者にありがちなミス4)

 

なぜ挨拶から記事を書き始めないほうがいいのか、その理由を書いています。ブランディングのために、「~の◯◯です」て書いている人、たくさんいますけど。

 

初心者必読:読者に好かれるブログ記事にする4つのポイント。

 

初心者のときは、記事を書くことでせいいっぱいで、読んでくれる人のことを忘れてしまいがちです。

 

すると一方的な記事になり、言いたいことが伝わりにくくなります。

 

風花初芽の作者の風花さんは、読者にギフトを手渡せ、と言います。文章講師の月子さんはおもてなしの気持ちを持てといいます。

 

私は記事を読む前と読んだあとに読者の心の中に、何らかの違いが起きるといいな、と思って書いています。たとえすぐに忘れてしまうとしても。

 

すぐにネタ切れになる人用の記事

 

もうネタ切れにならない。ブログの記事ネタの見つけ方6選。

 

記事ネタ欠乏症の方はこちらをどうぞ。いつもブログのことを考えていると、ネタを見つけるのがうまくなります。

 

毎日書き続ける5つの方法。質のいい記事を書ける人になるために。

 

毎日記事を書いていると、いやでも書き慣れるため、記事を書きやすくなります。ただ、何の目的意識もなく書いていると、たいして質は向上しません。

 

どんなことでもそうですが、結局は自分が意識を向けるか向けないかにかかっています。

 

ブログの記事が書けないスランプから脱出する方法。

 

ライターズ・ブロックという言葉、ご存知ですか?ある日、突然書けなくなることで、作家の世界で使われる言葉です。

 

ブログの場合、小説を書くわけじゃないので、ライターズ・ブロックにはなりにくいと思います。

 

私も、ネタがなかなか決まらない日はありますが、書けない日はありません。毎日、どれかのブログに必ず記事を書いています。

 

完璧主義を捨てれば書けます、たぶん。

 

ブログに書くことがない?記事ネタが落ちている場所を4つ教えます。

 

記事ネタを見つける方法。もう一つ書いてみました。

 

気を散らさずにブログを書く10の方法。集中をそぐものはこうして断つ。

 

記事を書く環境を整えると、気が散りにくくなります。記事を書いているときは、インターネットは見ないほうがいいです。

 

ネタ切れ防止に必須のツール。ブログのネタ帳の作り方。

 

良い記事の裏には充実したネタ帳あり。

 

ブログに何も書くことがない時に使える15の記事のパターン。

 

一口にブログの記事といっても、いろいろな種類があります。時間がないときや、煮詰まったときに使える駒を持っていると、忙しいときも、更新することができます。

 

すぐにネタがなくなる人も、いろいろなパターンを知っておくと、便利です。

 

この記事のようなまとめ記事も1つのパターンです。

 

既存の記事をまとめるだけだから、簡単と言えば簡単ですが、私のように、丁寧にコメントをつけていると、全く時短にはならず、ふつうの記事と同じように時間がかかります。

 

記事の内容がないよう、と悩む人用の記事

 

読者に役立つ記事とは具体的にどんな記事?4パターン紹介します。

 

「どんな記事が読者に役立つのかわかりません」とか、「自分の記事に価値なんてあるんでしょうか」といった質問をもらうことがあるので書いた記事です。

 

ブロガーが中身のある記事を書けない5つの理由とその対策

 

軽い記事しか書けない、長さのある記事が書けない、つまらない記事になってしまう、何がいいたいのかわからなくなる。そんな悩みのある方は読んでください。
ブログアフィリエイトの記事に欠かせない3つのポイントとは?

 

記事にこんな要素があれば、しっかり読んでもらえるんじゃなかろうか、というポイントを3つだけあげました。

 

読者に読んでもらいたい、という気持ちを持つことが第一です。

 

平凡なブロガーがオリジナルな記事を書く7つのコツ。

 

記事に独自性を盛り込むにはどうしたらいいのか、具体的な方法を書いています。

 

自分と同じテーマのブログが、この世にごまんとある場合、自分独自の味を出さないと、生き残れません。

 

とは言え、ほとんどの場合、自分らしさを出すことができれば、解決します。
fudeline

 

今回は20個だけ紹介しましたが、レビュー記事の書き方なども書いています。興味のある方はサイトマップを見たり⇒サイトマップ、ブログの中を検索してください。

 

記事を書くのが苦手だ、もっといい記事を書きたい、という人は、風花式のライティング教材をおすすめします。

 

風花言響で潜在的なパワーを開花させてください⇒風花言響(かざはなこだま)のレビュー~文章の書き方を学びたい方にオススメ