アフィリエイト用に書いているブログの更新の手順、7つのステップ

私が毎日どんなふうにアフィリエイトブログを書いているか、一連の手順をお伝えします。といっても記事を書いて投稿しているだけですが。

 

ブログの更新の仕方は、人それぞれだと思います。だいたいこんなことをやるんだな、という参考にしてください。

 

ここでは7ステップに分けてみました。

 

1.WZ Writing Editor 2を立ち上げて記事を下書き

 

以前は記事の下書きにWindowsにデフォルトで入っている「メモ帳」を使っていました。ですが、今は、WZ Writing Editor 2というテキストエディタを使って下書きしています。

 

このソフトは、本を執筆するとき、一定の行数と文字数を決めて書く必要があったため、4800円出して購入しました。ライティング専用のテキストエディタです。

 

私が出版した本について⇒「1週間で8割捨てる技術」出版裏話(筆子)

 

本の執筆には、ふつうの人はWordを使うと思います。私のデスクトップには、以前、夫から借りたCDでパソコンに入れた2010年版の学生用のWordが入っています。なぜかこのWordでは、日本語の行や文字数の設定がうまくいかないのです。

 

しかも、とてつもなく重いので、WZのテキスト・エディタで本の原稿を書きました。

 

このエディタはいろいろな機能がありますが、私はほとんど使っていません。ふつうにブログの記事の下書きをするなら、「メモ帳」で充分です。

 

実際私も、3年半、ずっと「メモ帳」で下書きを書いていました。「メモ帳」は軽いしシンプルなので一番好きです。

 

WZ Writing Editor 2も比較的軽いのですが、ごくまれに改行できなくなる(フリーズする?)ことがあります。

 

そういうときは、これまで書いた部分をコピーして、新規の画面をだし、そこにペーストして書き続けます。

 

WZ Writing Editor 2はこちらから購入できます⇒WZ Writing Editor 2 [小説 原稿 ライティング専用 Windows タブ テキストエディタ] アフィリリンクではありません。30日間、無料でお試しできます。

 

記事を書きながら、過去記事や他のサイトへのリンクも入れています。

 

2.画像を用意

 

記事を最後まで書いたら画像を準備します。このブログにはアイキャッチ用に1枚、筆子ジャーナルでもたいてい1枚準備します。

 

筆子ジャーナルは、私が書いている別のブログです⇒筆子ジャーナル | シニア目前、ミニマリストブロガー筆子が、断捨離と節約をして「老い支度」に励む日々をつづっています。

 

画像は、以下の3つのサイトのイメージを利用することが多いです。無料画像を使っています。
Free Images – Pixabay
Stock Photos and Royalty Free Images from 123RF Stock Photography
無料イラスト かわいいフリー素材集 いらすとや

 

123RFの画像は有料ですが、私は無料で配布されている画像を使っています。あまり画像にはこだわらないので、同じ写真を何度も使いまわしています。

 
☆おすすめの無料画像サイトをまとめました☆

ブログで使う写真の見つけ方:おすすめの無料素材サイト

ブログで使う写真の見つけ方:おすすめの無料素材サイト

風花初芽の購入者さんから、ブログで使う写真はどこで見つけたらいいのかという質問をいただきました。この記事で、イメージ画像、アイキャッチ画像に使える素材をダウンロ ...

投稿 2016/08/08

画像の編集はPhotoScapeという無料の画像編集ソフトを使っています。
Photoscape – ダウンロード

 

ブロガーの中には、GIMP(無料)や、Adobeの Photoshopやらを使っている人も多いと思います。

 

確かに、こうしたソフトのほうが、やれることは多いでしょう。できあがる画像も高品質のはずです。

 

風花さんも、Adobe Photoshop Elementsも使っておられ、「インターネットビジネスを本格的にやろうと思うと、どうしても必要ですよね」と書いておられます⇒Adobe Photoshop Elements 14 Windows版 [ダウンロード]をアマゾンで購入。 | 風花スタイル公式ブログ

 

ですが、初心者がいきなり買う必要はないです。

 

だって1万円もするんですよ。私はPhotoscapeで充分間に合っています。

 

物販アフィリエイターであれば、写真も重要ですから、できるだけ鮮明でわかりやすい写真を自分で撮る必要も出てくるでしょう。

 

その流れで、ちょっといいカメラを買ったり、美しい写真を撮る努力をすることになるかもしれません。

 

ブログを作って軌道にのせ、もっといい画像を使う必要性を感じてから、Adobeでもなんでも好きなものを買って使えばいいと思います。

 

とは言え、iPhoneがあれば、とてもきれいな写真が撮れるし、編集もできます。

 

私もたまに自分で撮影した写真を使います。基本、自分が捨てた物の写真しか撮らないので、そんなにいいカメラや高機能の画像編集ソフトは必要ありません。

 

3.下書きした記事をブログの投稿画面にコピペ

 

下書きが終わったら読み直します(1度め)。

 

その後、ブログの投稿画面にコピペしたあと、再度、上から読み直しつつ(2度めの読み直し)、見出しタグや、画像を入れていきます。筆子ジャーナルではAdSenseも入れます(記事中のAdSenseは手動で指定しているため)。

 

ワードプレスには、ビジュアルモードとテキストモードという2種類の投稿画面がありますが、私はいつもテキストモードを使っています。

 

ただし、このブログで使っているKaetenWPというテンプレートは、テキストモードで入力すると、改行されない(段落ができない?)仕様みたいです。まだよくわかっていませんが。

 

そこで、テキストモードにコピペして、必要なタグを入れたら、ビジュアルモードで、適宜改行を入れてます。

 

4.読み直し(3度め)

 

記事と画像が入ったら、最後にもう1回読み直します。この時は音読しています。

 

5.投稿

 

プレビューはせずに投稿します。

 

6.チェック、修正

 

プレビューせずに投稿しているので、投稿したあと、表示をざっと見て、必要があれば修正します。

 

私はそそっかしいので、よく見出しタグを間違えていたり、広告を入れ忘れています。こうしたミスはこの時修正します。誤字脱字も気づけば直しています。

 

7.時間を置いて読み直し

 

5分~半日ぐらいたってから、記事を読み直し、さらに修正します。

 

 

以上が私の一連のブログの更新手順です。

 

書いて更新という2ステップだけで、べつに何か特別なことはやっていません。やりようがないですね。

 

このように、ブログを書くのは別に難しくもなんともありません。