プロフィールを書くとき、もっとも大切なこと。稼ぐブログの場合。

アフィリエイトをするブログを作ったら、まずプロフィール記事を書いてください。プロフィールは読者の信頼や共感を得るための強力なツールです。

 

読者に信頼されなければ、何を紹介しても売れません。

 

今回は、プロフィールを書くときにもっとも大事なことをお伝えします。

 

プロフィールを書くとき心がけるべきこと

 

プロフィールを書くとき、もっとも大切なこととは?

 

それは読者目線です。

 

プロフィールといえど、ブログの一部です。

 

自己満足だけを目的としたブログでない限り、あなたのブログのどこもかしこも、読者目線を意識して作らなければなりません。

 

記事の内容しかり。
ブログの作り方しかり。

 

読者目線を意識するとは?

 

「記事を書く時、読者を意識しろ」とはよく聞きます。
まず自分の読者層を思い描いて、その読者に有益な記事を書きます。

 

ブログの作り方で、読者目線を意識するとは、読者の使い勝手のいいようにブログを構築していくことです。

 

今のブログの読者の多くは、スマホユーザーなので、スマホ読者が快適に読めるようなブログ作りをします。

 

たとえばスマホで閲覧しやすいいテンプレートを選んだり、めざわりな広告が表示されないようにしたり、といったことです。

 

読者の視点にたって、読者がストレスなくそのブログを読めるようにします。

 

読者を視野に入れたプロフィールとは?

 

読者目線を考えたプロフィールは、

 

– あなたの読者層の求めているものを、
– 読者の役にたつように、
– 読者が読みやすいように書く、
ということになります。

 

何を求められているのかよくわからない場合は、以下の3つをやってみてください。

 

1.読者層をしつこく分析する⇒実践ノート(ネタ帳)に書く。
※実践ノートの作り方は風花初芽の購入特典で紹介しています⇒風花初芽の購入特典のご案内。実践に役立つと評判です。

 

2.自分が読者に提供できるものを見つける。あるいは自分と読者が共有するキーワードを見つける⇒実践ノートに書く。

 

3.他のブログのプロフィールを読んで研究する。
「これ、いいな」と思うプロフィールがあれば、なぜそう自分が思うのか理由を考えてみる⇒実践ノートに書く(ただし、そっくりそのまま真似しないように)。

 

あまりにつまらなくて、途中で読むのをやめたくなるプロフィールに出会ったら、今度はそのプロフィールのどこがいやなのか考えてみる⇒実践ノートに書く。

 

この作業をプロフィール10個分ぐらいやる。

 

これをやると、プロフィールに書いたほうがいいこと、書かないほうがいいことが、なんとなくわかってきます。

 

ヒントを書きます。

 

私は、一応フェイスブックのアカウントを持っていますが、フェイスブックはあまり好きではありません。

 

友だちの友だちの飼っている3匹いるうちの犬のうち、一番若い犬の誕生日が今日です、とか言われてもね…。

 

その人にとってはとても重要なことですが、私にとっては?

 

やるべきことを意識することが大切

 

読者を意識するべきだとわかっていても、私自身、ブログを運営しているとき、完全にできているとは言いません。

 

記事を書いてるのは読者じゃなくて自分ですから。

 

ですが、折にふれ、「読者を意識するんだ」「読者の求めているものを書くんだ」と思い出し、この点を強く意識してブログワークをするのがポイントです。

 

意識することが肝要なのです。

 

意識しなければ、ただの自己満足ブログ。意識すれば、いずれはお金を生み出す商品になります。