なぜアフィリエイトは怪しいのか?よく考えればそこまで怪しくもない。

アフィリエイトに興味はあるけれど、「なんだか怪しい」と思って二の足を踏んでいる人が少なくありません。

 

実際、自分でアフィリエイトを始めてみれば、どんなところが怪しいのか、あるいは別に怪しくないのかわかります。

 

ですが、始める勇気がない方のために、なぜアフィリエイトは怪しげなのか、その理由を説明し、怪しさを払拭する方法をお伝えします。

 

なぜアフィリエイトは怪しいのか?

 

こんな理由で怪しげに見えるのではないでしょうか?

 

  1. 詐欺まがいの情報商材や商品があるから。
  2. 「稼げれば何でもいいや」と無責任かつ人に迷惑になる形で紹介するアフィリエイターがいるから。
  3. 「稼げれば何でもいいや」とスパム的なサイトやブログを大量生産する人がいて、そういう人が実際にお金を手にしているらしいから。
  4. とにかく、ものすごく簡単に稼げることを強調するメルマガが多いから。
  5. ブログやサイトなどの訪問者の知らないところで、アフィリエイターが報酬を得ていることへの嫌悪感。
  6. 汗水たらして仕事していない人が、簡単に大金を得ているらしいことへの嫌悪感。
  7. 収益があがる仕組みがよくわからないので、ただなんとなく怪しい。
  8. アフィリエイトで億というお金を稼いだという人の見た目が成金みたいでとにかく不快。
  9. アフィリエイトで億というお金を稼いだという人の言うことが上から目線すぎることや、まじめに働いている人をアホよばわりしていることへの嫌悪感。

 

実はこうした「怪しさ」はつきつめて考えてみると、別に、アフィリエイトというビジネスモデルが怪しいのではない、ということがわかります。

 

こんなふうに考えることができるのではないでしょうか?

 

詐欺まがいの商品は商品の問題にすぎない

 

詐欺まがいの商品とは、「誰でも簡単に、1週間で50万円稼げる」などという謳い文句で売られている高額の商材や塾です。

 

いわゆる情報弱者(各種の情報にうとい人)を相手に、うまいこと言って、高額な商品を売りつけるという手法、今でもあるのでしょうか?

 

アフィリエイトの認知度は年々あがってきているので、もうこんな手にひっかかる人はいないと思います。

 

ですが、以前はこういう商材が多かったので、アフィリエイトイコール詐欺という雰囲気が根強くただよっています。

 

ほかにも、

 

  • - 何もしないのに簡単にやせるダイエット法

- 見るだけで頭がよくなる動画

- 読むだけで勝手に文章がうまくなるテキスト

- 誰でもいきなり婚活に成功してしまう方法

- 1週間で英語がペラペラになる教材

- 素人が投資で大金を稼ぐ方法

- ふつうの人がコピーライターになって左うちわで暮らす方法

 

こんなことを教えてくれる商品の宣伝を見れば、誰だって怪しいと思うでしょう。

 

物販でも怪しげな商品はあります。1週間でシミがきれいに取れるクリームとか、50歳すぎてるのにどんどん若返ってしまうサプリとか。

 

しかし、これはアフィリエイトというシステムが怪しいのではなく、商材や商品そのものに問題があります。

 

こういう怪しげな商品を紹介しなければいいだけの話です。

 

「稼げればなんでもいいや」的マインドを持つアフィリエイターも個人の問題

 

確かに、自分が稼げれば、他の人なんてどうなってもいい、と思って仕事をしているアフィリエイターもいるかもしれません。

 

そしてそういう人でもしっかり稼いでいるのかもしれません。

 

ですが、この点に関しては、「私はそういうアフィリエイトはしない」と決めれば、いいだけです。

 

巨額の富を稼いでいる人への嫌悪感はこうして解消

 

ほかの人がお金を稼いだり、得をすると、不快になったり、妬んだりする人は多いです。

 

ですが、他人(それも自分とは縁もゆかりもない人)がお金を稼いだから、自分のところに回ってくるお金が少なくなるか、というとそうでもありません。

 

自分は自分で稼げばいいだけです。

 

原理的には、たくさん稼いでいる人は、たくさん税金を払っているので、あまり稼いでいない人はかえって恩恵を受けているのかもしれません。

 

他の人がお金を稼ぐことに対して、妬みや嫉妬の気持ちがあるなら、人と自分を比較することをやめれば即座に解決します。

 

比較しない方法⇒人と自分を比べるのをやめる方法。比較をやめれば物を減らせる。 リンク先は「筆子ジャーナル」です。

 

訪問者の知らないところで稼ぐことへの嫌悪感はこうして解消

 

これに関しては、自分がアフィリエイトをやるとき、はっきり「私はこのブログでアフィリエイトをやっています。みなさんが、広告をクリックして商品を購入すると、私にいくばくかのお金が入ります、いつもありがとうございます」と書いておけばいいのです。

 

アメリカのブログなんか見てると、こう公言している人は多いです。公言しているだけでなく、「だから、商品を買ってほしい」とはっきり書いている人もいます。

 

寄付を募っている人すらいます。

 

こっそり稼がなければいいだけの話なのです。
fudeline
私自身は、アフィリエイトを怪しいと思ったことはありませんでした。

 

2012年の11月に、「風花心伝Rebirth」という教材を買ったとき、情報商材の存在はもちろん、その名前すら知らなかったからです。

 

アフィリエイトが何であるのかもあまりよくわかっていませんでした。

 

各アフィリエイターが独自に特典をつけていることすら知らなかったので、特典を見比べる、ということもしませんでした。

 

純粋にその教材がいいと思ったので買いました。

 

私が買ったアフィリエイターさんは、古典的なアフィリエイトの特典をてんこ盛りにしてくれましたが、私には、それらの特典の意味するところすらわからなかったのです。

 

「アフィリエイトってなんだか怪しい」

 

そう思って、大きく稼ぐチャンスを逃してしまうのはとてももったいないです。怪しくないアフィリエイトをすることも充分可能だからです。