文章が上手ければ、アフィリエイトはうまく行く?もちろん違います。

プロのコピーライターさんから、ブログワークもやってみたいが、労力のわりには、実入りが少なそうだから二の足を踏んでいる、というお便りをいただきました。

 

実は、すでにWebライターとして活躍している人、自分は物書きだという方、注文を受けて記事や販売ページを書いているライターさんも、教材を買ってくれることがあります。塾でお会いしたこともあります。

 

そういう人が、みんなアフィリエイターとして成功するか、というと、それは違います。

 

注文を受けて書くのと、自分が好きなことを書くのは違う

 

確かに文章が上手ければ、稼げる可能性は、高いでしょう。ですが、それは単にポテンシャルがあるだけの話です。

 

少なくとも、風花式(風花初芽など)ではうまくいかないと思います。

 

「書くことにこだわっている風花式なのに?」

 

と疑問に思うかもしれませんが、風花スタイルにはこんな理念があります。

 

風花スタイルの本質

 

風花スタイルとは、ブログなどの自分メディアを活用して、自己表現しながら収益を上げてゆく、個人向けビジネスモデルのことを指します。

 

「自ら作成したコンテンツにより、他者にプラスの影響を与えて、その影響の質と量にふさわしい報酬を得る」という確固たる軸を有していることが特徴です。

 

引用元は、風花さんのブログです⇒風花スタイルとは? | 風花スタイル公式ブログ

 

この理念のポイントは2つ:
●自己表現する
●読者にプラスの影響を与える

 

注文を受けて何かを書いている人は、自己表現していません。

 

さらに、読者にプラスの影響を与える必要があります。

 

文章が上手ければ、下手な人より自分の気持ちをうまく書けるかもしれません。しかし、そこに読者のことを考える心がなかったら、どんなにうまく書いたって、何の影響も与えることができないのです。

 

文章が上手いからといって稼げるとは限らない

 

この記事を書くきっかけになったのは、こんなお便りをいただいたからです。引用許可をいただいてますので、そのままここにのせます。

 

私が配信している、メルマガ「シンデレラ物語」の感想としていただきました。

 

メルマガの紹介はこちら⇒無料のメルマガ、「ミニマリッチ筆子の暮し楽しみレシピ」配信中

 

筆子ジャーナルに出会った時から、「こんなにきちんと階層化されたブログ、素人のおばはんが書いたブログじゃないな。なんかのノウハウがあるな」と思っていましたが、そういう裏があったのかと納得しました。

 

私はコピーライターをしているのですが、ITの勉強会などへ行くと、「せっかく文章書けるなら自分のブログ持ってアフィやればいいじゃない?」と言われることがたまにあり、多少興味はありつつ、ちょっと面倒くさいなと思っていました。でも、筆子さんの風花初芽の記事を読んでブログワークにも興味が出てきました。

 

ただ、記事を毎日書いてようやく月3万円かと思うと二の足を踏んでしまいます(今は企業からのブログ執筆依頼1本5000円くらいで受けていて、1日3万〜15万円分のコピーを書き上げることもあるので)。

 

この方は正直な方なのでしょう。別に悪気もないと思います。

 

ですが、率直に書きますが、「記事を毎日書いてようやく月3万円」の教材を実践し、なおかつ紹介している人間に、このようなメールを書くのは、失礼ではないでしょうか?

 

世間には、あと3万円余分な収入があったら、どんなに生活が楽になるだろう、1万円でもあったら、好きな本が買えてすごくうれしい、と思っている人はそれはそれはたくさんいます。

 

私はそういう人たちに、楽しみながら、自分の力でお金を得るチャンスがあるし、実際できるんだ、ということを伝えたいと思っています。

 

正直、文章をさらさらと書いて1日15万円稼いでいる方に、あえて風花式をやってもらいたいとも思いません。

 

コピーライターとは言葉や文章のプロだと思います。私などより、ずっと言葉に対して、鋭い感性をお持ちだと思います。文章に関する勉強もたくさんされているでしょう。

 

そういう人がこういう言葉を選んで書いています。

 

素人のおばはんが書いたブログ

 

そういう裏があったのか

 

記事を毎日書いてようやく月3万円か

 

上から目線で、謙虚さのかけらもない言葉選びではないでしょうか?

 

もともと立っている場所が違うようです。

 

いくら文章がうまくても、自分の心を伝えるのがうまくても、伝えるものに難がある場合、収益はあがらないでしょう。

 

コピーライターを続けるほうがよいと思います。

 

優れたブログには愛が必要

 

私はいつも、ブロガーには愛が必要だと思っています。愛のある人じゃないと、風花式はうまくいきません。

 

自分のブログに対する愛情。
自分の読者に対する愛情。
自分が語っていることに対する真摯な気持ち。
日々のささいなことに感謝できる気持ち。
少しでも成長するために努力するひたむきさ。

 

単に、「私、文章書くの得意だから、アフィリやったら稼げるかも。今、けっこう稼いでるけど、収入の口はたくさんあったほうがいいしね」。

 

こんな次元でやると失敗します。

 

もしかしたら、一時的に、ガンガン稼げるかもしれませんが、気持ちは満たされないんじゃないですか?

 

というわけで、文章がいくら上手くても、心に難があったら稼げません。