キーワードプランナーを使う方法(準備編)まずGoogle AdWordsに登録。

風花初芽の購入者さんから、ブログをまだ作っていないから、キーワードプランナーに登録できない、という質問をいただきました。

 

ブログを持っていない人がキーワードプランナーを使う手順を説明します。

 

まず質問を引用します。

 

 

キーワードプランナーに登録できません

 

キーワードプランナーを使ってみようとログインしてみたのですが、登録する際にブログのURLが必要とのことで・・・涙 テキストではFC2の登録の前にキーワードプランナーのことが記載されていたかと思うんでけど、ブログをまだ作っていない場合どうやって登録すればよいものか・・

 

この方、問い合わせフォームではなく、ダイレクトにメールをくださいました。

 

その場合、引用許可を問う欄がありませんので、勝手に引用しましたが、問題があったら、またメールください。

 

私、いろいろなところからメールが来ますので、風花初芽の実践に関する質問は問い合わせフォームを使っていただくと助かります⇒お問い合わせフォーム 購入した日付、購入者番号も入れてください。

 

キーワードプランナーを使う手順

 

キーワードプランナーはGoogleがGoogleを使って広告を出したい人むけに用意している、Google Adwords(グーグルアドワーズ)というサイトにある運用ツールです。

 

Google Adwordsでは、誰でも簡単に広告を出稿(広告を出すこと)できます。

 

よってキーワードプランナーを使うためには、まずGoogle Adwordsに登録します。

 

手順は3ステップです。

 

1.Gメールを作る

Gメールを作ると、自動的にGoogleのアカウントが作成されます。このアカウントがあれば、Googleのさまざまなサーブしを利用できます。

 

ブロガーはGメールを作ったほうがいい話⇒アフィリエイターにおすすめの無料メールアドレスはGメールで決まりな理由。

 

2.Google Adwordsに登録する

Google Adwordsに登録するたびには、まず広告を出稿する手順を踏む必要があります。といっても、仮に広告を作って、すぐにその広告(キャンペーン)を停止するので、支払いは発生しません。

 

3.キーワードプランナーを使う

実際のキーワードプランナーの使い方はテキストに詳しく書いてあるので、今回は1と2の部分を説明します。

 

Gメール(Googleのアカウント)を作る

 

Googleのアカウントを作るサイトにアクセスして作ります⇒Gmail – Google の無料ストレージとメール

 

こんな画面です。「アカウントを作成する」をクリックします。

 

gmail

 

するとユーザーネーム(メールの前の部分)やパスワードを入れる画面が出るので、入力します。

 

Gmail申込み

 

Googleのアカウント作成=Gメールを作る、ということです。

 

Google Adwordsに登録する

 

Googleのアカウントを取得したら、Google Adwordsにアクセスします⇒Google AdWords(アドワーズ)PPC型のインターネット広告

 

Google Adwords

「今すぐ開始」をクリックします。Googleのアカウントにログインしていないときは、ログインを求められるはずです。

 

するとこんな画面が出ます。

 

Google Adwords

 

ここでメールアドレスとウェブサイトを入力します。質問した方は、ブログがないから、ここに何も入力できないと思ったのでしょう。

 

今から作るのは実際には出稿しない仮の広告なのですから、ここに入力するサイトも別に何でもいいです。すでに別のブログを持っていたら、そのブログのURLを入れてください。

 

私はヤフージャパンのURLを入れてみました。amazonなんかでもいいと思います。私のブログのURLを入れていただいてもけっこうです。

 

このあと仮の広告を作りますが、上から順番に適当に入力していけばOKです。入力を受け付けないときは、赤字で「やり直せ」と言われます。

 

適当に入力すれば広告が出来ますが、よくわからない場合は以下の動画を参照してください。

 

 

動画を見れば一目瞭然ですが、ポイントをしぼって説明します。

 

広告は例に従って適当に作る

 

広告は適当に作ります「広告を出す予定なら、それなりに考えて作ってください)私は、こんなふうにヤフーの広告を作ってみました。

 

Google Adwords

 

支払いは「振込」を選択する

 

広告料金が引き落とされないように「手動支払い」と「振込」を選ぶとよいです。こちらは支払い方法を入力する画面の下のほうです。

 

Google Adwords

 

出稿したあとキャンペーン(広告)を一時停止する

 

広告を作って、支払い情報を入れて送信すると、広告を出稿したことになります。

すると、Google Adwordsに登録完了です。

 

「アカウントができました」という画面にある「アカウントにアクセス」というのをクリックしてください。管理画面(キャンペーン(広告)の一覧ページ)に入ります。

 

この画面で、自分の広告を管理します。

 

キャンペーンというところにある「キャンペーン#1」は今作った広告です。ステータスは「有効」になっています。

 

緑色の●のところで、広告を一時停止します。すると、広告は表示されません。広告を削除しても同じだと思いますが、自分ではやったことがないので不明です。

 

 

Google Adwords

 

広告を一時停止する場所はここ。

 

 

 

私の場合、すぐに「アカウントの残高が無くなったため、広告は掲載されていません。 – お支払い手続きをお願いいたします」という文字列(赤い帯)が出ました。

 

人がある言葉(キーワード)で検索するたびに、自動的にオークションが行われ、出稿した広告が検索結果ページに表示されたり、されなかったりします。

 

Yahoo JAPANの関連キーワードで検索する人は多いため、私が「1日にこれまでなら広告代を出してもよい」という金額を一瞬で越えてしまったのでしょう。

 

運用ツールからキーワードプランナーに入る

 

広告を一時停止したら、「運用ツール」から「キーワードプランナー」を選べば、キーワードプランナーの画面に入ることができます。

 

Google Adwords

 

 

これで、キーワードプランナーを使う準備が整いました。

 

これ以降は、キーワードプランナーにダイレクトにアクセスできますので、ブックマークしておくとよいでしょう⇒Google AdWords: Keyword Planner

 

以上で、キーワードプランナーの使い方(準備編)を終わります。よくわからないことがあったら、また質問してください。