続けられない人に読んでほしい『仕事ができる人はなぜ筋トレをするのか』

仕事ができる人はなぜ筋トレをするのか」(山本ケイイチ著)という本をキンドル版で読みました。

 

私は、筋トレといっても自宅で、スクワット、ニートゥーエルボー、しこふみを気ままにするぐらいです。これ以上手を広げるつもりはないし、ジムに行くつもりもありません。

 

トレーニングの仕方を知りたいというより、著者の言う、仕事のできる人の成功法則に興味があり、買ってみました。

 

私にとっての仕事とは、もちろん「ブログアフィリエイト」です。

 

実際に本を読んでみたら、「ブログビジネスは筋トレである」と言い切ってしまえそうなほど、共通点がありましたよ。

 

■トレーニングは続けることに意義がある

トレーニングとは一般に練習すること。訓練や鍛錬とも言いますね。

 

スポーツにおけるトレーニングは、ある能力を向上させるために、目標を設定して、計画的に運動をすることです。

 

プロのスポーツ選手やオリンピックの選手は成績をあげたり、メダルをとったり、よりすばらしいパフォーマンスをすることが目的だと思います。

 

自分への挑戦、という人もいるかもしれません。

 

ふつうの人は、体力をつける、健康になる、シェイプアップする、やせる、といったところが目的でしょうか。

 

プロのスポートトレーナーである、著者の「トレーニング」の定義はこちらです。

 

目標を達成するために自分に負荷をかける行為

 

また、

 

続けることさえできれば、トレーニングはほぼ成功したと言ってもいい

 

とも書いています。

 

ブログアフィリエイトも、同じだと思います。私は、ブログでもメルマガでも「とにかくまずは続けることが大事だ」とよく書いていますし、自分でも継続を心がけています。

 

風花初芽が発売された2014年のバレンタインデーからしばらくの間に、初芽の実践ブログを立ち上げた方が大勢いました。

 

けれど、その中でいったい何人が、今でも初芽のノウハウでブログを運営し、その実践状況を伝えるブログを書いているでしょうか?

 

そんなに何人もいないと思います。風花初芽から2年半たっただけですが。

 

確かに、初芽のノウハウで作ったブログの更新をしつつ、実践状況を伝えるブログを運営するのは、大変です。

 

ですが、どんなこともある程度継続してみないと、わかるものもわかりません。

 

試行錯誤しながら続けることで、見えてくることはたくさんあるのではないでしょうか?

 

■継続するためにはどうしたらいいのか?

「続けられれば、トレーニングはほぼ成功」、としている著者は、トレーニングの目的は「続けること」、とまで書いています。

 

では、「続ける」ためにどうしたらいいのでしょうか?

 

これについては、冒頭で、歯磨きのように習慣化するように、と指示しています。

 

これも私がふだん思っているのと同じことです。

風花初芽で挫折~モチベーションはどうやって保てばいいのか?

風花初芽で挫折~モチベーションはどうやって保てばいいのか?

メルマガの読者からの質問に答えます。質問の主旨は「いかにしてモチベーションを保ったらいいのか?」です。メールの引用許可をいただいているので、質問をそのままシェア...

投稿 2016/06/17

筋トレやブログワークのように長いプロセスを経て、花開くことは、一時的な気分の高揚(モチベーションの上昇した状態)や、根性や気力といったものだけで、どうにかなったりはしません。

 

習慣にして、モチベーションがあろうがなかろうが、できるようにするといいのです。

 

特にブログワークの習慣化については、私の初芽の購入特典につけているレポートに書いています。特典の説明はこちら⇒風花初芽の購入特典のご案内。実践に役立つと評判です。

 

継続しながら、そのプロセスを楽しむ工夫をすることも重要なポイントです。

 

筋トレを続けると、「少し続けられた」ことで自信ができたり、体調の変化が感じられたり、「自分のためにいいことをやっている」という気持ちが作用して、どちらかというと毎日が楽しくなるでしょう。

 

ブログワークも同じで、アクセス上昇、コメントをいただける、お問い合わせが来る、報酬があがる、などなど筋トレよりダイレクトな形で、日々ささやかでも、いろいろな変化が起きます。

 

これを楽しめるかどうか、というのが大きな鍵です。

 

こうしたフィードバックは、事前に自分で種まきをしておかなければ返ってきませんから、そのあたり工夫しながら試行錯誤するのも楽しいものです。

 

更新しないと、フィードバックは返ってこないので、まずは更新です。

 

■よりよい人生のための筋トレ、そしてブログワーク

第2章で、著者はトレーニングを続けるための考え方を書いていますが、ここが、ブロガーにはとても参考になります。

 

筋トレの本ですから、筋肉や体に関することがデータとともに提示されていますが、それ以外にもこんな小見出しが見られます。

 

・他人のケースはあまり参考にならない
・どんな動機だと続かないか
・他者からの情報だけに依存する「流行系」
・心境の変化を観察してみる
・最終的な目的はQOLの向上

 

どれも、自己啓発書、あるいはブログアフィリエイト成功の書(なんていうものがあるのかどうかわかりませんが)に書いてあってもおかしくない言葉ばかりですね。

 

QOLは、Quolity of Life の略で「人生の質」、ということ。

 

結局、筋トレも、仕事も、ブログアフィリエイトも、それを行う最終目的は、自分の人生の質をあげて、より健康で楽しく幸せに暮らせるようにすることなのです。

 

まず目的があり、その目的に少しでも近づくために目標をたて、その目標を達成するために、日々楽しみつつ工夫しながら、コツコツとトレーニングをする。

 

そういう生き方をこの本では提案していますし、私もこの考えには多いに共鳴します。

 

fudeline

 

筋トレをすすめる本なので、睡眠や食事のこと、スポーツセンターやパーソナルトレーナーの選び方も詳しく書かれています。

 

パーソナルトレーナーをつけるのは、お金が多少かかるので、なかなかできないでしょうが、「ジムに行こうかな」、と思っている人の背中を押してくれる内容です。

 

また、私がスロージョギングの記事で書いている、運動の効用についても詳しい記述があります。「運動をやったほうがいいかな」と思う方の参考にもなります。

 

図書館や本屋さんで見つけたら、お手にとってみてください。特に、続けられないあなたに、オススメです。キンドル版もあります。

 

仕事ができる人はなぜ筋トレをするのか 幻冬舎新書
レビューも参考になります⇒仕事ができる人はなぜ筋トレをするのか 幻冬舎新書