ブログに書くことがない?記事ネタが落ちている場所を4つ教えます。

「きょうはブログに書くことないなあ」。そんな時、記事ネタを探す場所を4つ紹介します。

 

風花初芽を実践している人は、「実践ノート」というネタ帳に、ネタをストックしていますよね?

 

物をためこむのはおすすめしませんが、記事ネタはたくさん書いておくといいですよ。

 

「ネタ帳はもっているが、ページは空白だ」。

 

そんな人はこんなところに探しにいってください。

 

1.検索エンジン

 

GoogleやYahooに言って、自分のブログで狙うキーワードを入れてください。

 

するといろいろなサイトやブログが出てきます。

 

キーワードがわからない人はこの記事を読んでください。

ブログアフィリエイトの成否の分かれ目、キーワードとは何か?

ブログアフィリエイトの成否の分かれ目、キーワードとは何か?

さまざまなアフィリエイト用語を独自の視点から解説している「筆子のアフィリエイト用語辞典」。今回は「キーワード」です。キーワードについて、一言も書いていないブログ...

投稿 2016/07/07

 

検索結果から、気になったサイトをのぞくと、やはりたくさん関連語句が出て来るので、書きたい内容が思い浮かびます。

 

以前紹介した、Googleキワードプランナーに代表されるキーワード検索ツールを使うのもおすすめです。

もうネタ切れにならない。ブログの記事ネタの見つけ方6選。

もうネタ切れにならない。ブログの記事ネタの見つけ方6選。

今回は、ブログの記事のトピックの探し方をお伝えします。情報収集する場所とも言えます。人がブログの更新に挫折する典型的な理由が2つあります。1.記事を書いている時...

投稿 2016/09/14

 

このやり方で気をつけるところは、いつまでもだらだらと検索したり読んだりしない、ということです。

 

人のブログを読んでいるうちに、ブログを書く時間がなくなります。タイマーを15分にセットして探してください。

 

☆Googleのシークレットモードで検索した結果です☆

google検索結果

☆google検索結果

 

Yahoo検索結果上の方。

☆Yahoo検索結果上の方。矢印の先に注目。

 

Yahoo検索結果

☆Yahoo検索結果、下の方。広告もちらっとチェックする。

 

おむすび(キーワードサジェストツール)

☆おむすび(キーワードサジェストツール)

 

「おむすび」という名前がおもしろい、キーワードサジェストツールで検索してみました。キーワードを結んでいるから「おむすび」なんだと思います。
ミニマリスト:OMUSUBI

 

こういうサジェストツールに出てくるキーワードでは、すでにたくさんのサイトで記事が書かれていますから、必ず一捻りしてください。正面突破はできません。

 

風花初芽実践中の方は、テキストにそってキーワードを入れてください。

 

2.季節ネタを使う

 

日本は四季がはっきりしており、そこに住む人々はひじょうに季節感を大事にしています。

 

何も書くことがないなら、季節関連のネタを書いておくといいでしょう。

 

PRIDEの件でも書きましたが、今ならハロウィンにからめるといいかと思います。

 

多くの人はYahooのラーニングポータルで季節ネタを探しています。

 

2016年11月に検索されるキーワードとは? | Yahoo!プロモーション広告 公式 ラーニングポータル

 

私はトレンドアフィリエイターではないし、日本に住んでいないので、あまり利用していません。

 

ですが、料理ブログなど書いている人は、季節感を盛り込むとよりアピールできます。

 

季節ネタはオンラインだけでなく、オフラインでもたくさん拾えます。コンビニやスーパーにいけば、季節の行事にまつわる商品がたくさん並んでいるからです。

 

季節ネタに強くなりたい人は、遠回りだと思うかもしれませんが、俳句を読んだり書いたりするといいです。

 

感性も開きますし、言葉にたいして敏感になるし、1年も続ければ、大きなスキルになります。

 

歳時記を読んでいると、ぼーっと新聞を読んでいるときも、「ああ、もうそんな季節か…」と、季節ネタに対するアンテナがびびびっと動くようになります。

 

結局、みんな見ているものは同じなのです。アンテナにひっかかるかどうかは、その人の意識で決まります。

 

こんな本をパラパラと眺めるといいでしょう。

 

3.過去記事

 

私が「きょうは何を書こうかしら」と思うとき、一番よく見ているのが自分の過去記事です。

 

過去記事で取り扱ったトピックをちょっとひねれば新しい記事になります。

 

過去記事を新しい記事に生まれ変わらせるポイントはいくつかありますが、今回は2つだけ書きます。

 

1.過去記事で書いた、ある点について掘り下げる(これが一番簡単です)。
2.過去記事に出て来る単語をキーワードにして、全く新しい記事を書く。

 

■掘り下げる例
「ミニマリスト+バッグの中身」というキーワードで記事を書いたら、ほかにもこんな記事を書くことができます。

 

●バッグの中身を減らす方法
●なぜミニマリストは無印のバッグを使うのか?
●化粧ポーチの中身は?
●財布の中身は?
●バッグ、ポーチ、財布選びのポイント
●バッグの中身を減らすとシンプルライフになる。その理由は?
●私が持っていた過去最大のマキシマリストなバッグとは?
●「お金が貯まる財布」なんてあるわけないのに、なぜ人々はそういうものに頼ろうとするのか?

 

こんなふうにいくらでも書くことは出てきます。

 

■単語をキーワードにする方法

たとえば、この記事に出てくる単語だと、「俳句」があります。

 

俳句は、ひじょうにミニマルな文学表現です。好きな俳句を紹介して、ミニマルだけど、深いものの例である、というトピックで新しい記事を書くことができます。

 

あるいは、昔の日本人はみんなミニマリストだった、という話にしてもいいでしょう。

 

「何がミニマリストをマキシマリストにしてしまったのか?」というのもおもしろい話題です。

 

4.読者の意見、苦情

 

読者のコメントやメールを使って記事にします。これも、私がよく使う手です。このブログでも、『筆子ジャーナル』でも読者の質問に答えたり、お便りを記事にしています。

 

『筆子ジャーナル』の場合は、1つ1つの質問に回答していると、記事を書く時間がなくなるから、という事情があります。

 

『風花初芽実践物語』では、もらう質問はたいてい同じなので、記事にしておけば、質問者にはURLを送るだけですみます。

 

コメントで質問されたことや、単なる感想も、新しい記事のネタになります。

 

コメントやメールを注意深く読み、それについて考えることで、自分のサイトに来ているユーザー像について理解が深まります。

 

「私のブログには誰もコメントしないし、メールも来ない」という時は人のブログのコメント欄を読んでネタを拾ってください。
fudeline

記事は文章からできており、文章は単語からできています。

 

単語の羅列を見ていると、意外と簡単に記事ネタを思いつきますので、お試しください。

 

「いくらキーワードを見ても何も思いつかない」という人は言葉に対する感性がにぶっています。風花言響などで感性をブラッシュアップすることをおすすめします。

風花言響(かざはなこだま)のレビュー~文章の書き方を学びたい方にオススメ

風花言響(かざはなこだま)のレビュー~文章の書き方を学びたい方にオススメ

「ブログアフィリエイトを始めてみたものの、どんなふうに文章を書いていいのかわからない」。「1つの記事を書くのにやたらと時間がかかってしまう」。「一生懸命書いてる...

投稿 2016/10/20