風花初芽(物販アフィリエイト)で売れやすい商品とは?

風花初芽で成功する鍵は、ブログのテーマ選定と商品選びにあります。特に商品選びはとても大切です。

 

今回は、特に初芽で売れやすいと思うもの、物販アフィリエイトと相性のいい商品をいくつか紹介します。あまり詳しく書くと教材のネタバレになりますので一般論です。

 

風花初芽をご存知ない方はこちらをどうぞ⇒風花初芽のレビュー~「プチリッチ」への扉の鍵がここにある

 

紹介して売れやすいものは、ズバリ、需要のあるもの。需要のあるものとは、人が街中の店では買わない(買えない)ものです。

 

インターネットで売れやすい商品、ということ。

 

ふだんスーパーやコンビニ、100円ショップですぐに買えるものをわざわざインターネットで買う人はいません。

 

また、あまりに価格が安いもの(輪ゴムとか、ノート1冊とか)は売れないでしょう。送料が発生しますから。

 

人がそのへんの店であまり買わず、インターネットで買うものは4種類紹介します。

 

1.持ち運びが大変なもの

 

かさばったり、重かったりして持って買えるのが大変な物は、ネット通販が断然便利です

たとえば、お米、トイレットペーパーなど。

 

また、まとめて買うとお得になるものも売れるかもしれません。

 

重いものでは、本も売れますね。本の中身はリアル書店でチェックして、購入はアマゾンでするという人は多いです。ただ本はアフィリしても報酬はたいしたことありませんが。

 

2.そもそも近所で売っていないもの

 

以前、私のもう1つのブログ、「筆子ジャーナル」でヘンプシードの記事へのアクセスが多かったことがあります。

 

この記事です⇒話題のスーパーフード、ヘンプシードの効能とおいしい食べ方教えます

ヘンプシードって日本のスーパーではあまり売ってないですよね?コストコにあるようですが。このような、そのへんでは売っていないけど、話題になっている物は売れやすいです。

 

バリエーションで、近所の本屋では売っていない本はアマゾンを利用する人が多いです。本はネットのほうが品揃えがいいですからね。アマゾンと言えば、Kindleはそのへんで売っていないので、ネットでよく売れます。

 

美容系の商品がよく売れるのも、リアル店舗で売っていないからだと思います。美容系の商品にうといためよくわかりませんが。

 

3.対面で買いにくいもの

 

街のお店で買うのがちょっと体裁の悪いものは通販でよく売れます。

 

生理用品とか痔の薬とか、毛生え薬とかでしょうか?こんなもの恥ずかしがる人はいないと思いますが、何か特定の悩みがあり、その悩みを解消するものではあるが、買っているところを見られると、なんとなく恥ずかしい、という商品は売れやすいです。

 

シークレットブーツとか?

 

4.話題になっているもの

 

ちまたで話題になっている物は売れます。雑誌で紹介されたり、テレビで取り上げられた商品です。まあ、街中でも売れるとは思いますが。

 

人気ドラマの中で女優さんが着ていた服や小物は、放映が終わったあと、検索する人が多いです。それをさっとアフィリエイトできれば売れるでしょう。

 

何でもタイミングよく紹介するとよく売れます。

 

このほかにも、ネットで売れやすい特定の商品というのはあります。たとえば、ソフトウエアや、ダウンロードして買うものです。ただ、これは物販ではありません。

 

番外:市場を作ることができるもの

 

読者のターゲットをしぼることで、市場を作ることができれば、売ることもできます。

 

たとえば、忙しい人は、たとえ近所で売っていてもネットで買います。外に買い物に行くと時間をとられるからです。

 

ブログの読者が忙しい主婦ばかりの場合、時短家事の記事を書き、こういう食品がこちらでさくっと手に入りますよ、しかもリアルよりちょっと安いです、と紹介すれば、ひまな人が集っているブログで書くより売れるでしょう。

 

読者がフリーで仕事をしているWebライターやWebデザイナーだったりすると、やはり忙しくて外に行きたくないので、近所で売っていても買うと思います。

 

こういう人たちは、肩こり解消グッズや、自宅で簡単にできるちょっとした運動器具や癒し系の雑貨も買うのではないでしょうか?運動不足で疲れている人が多いですから。

 

このように、たとえネットで売れにくいものでも、ブログの読者層によっては売れますし、一般にネットで売れやすいものと、自分のブログの読者の需要をうまくかけあわせれば、さらに売上アップを望めます。

 

その意味でも、自分のブログのターゲットはいつも意識しておくべきです。インターネットで物を買うのが好きな人(抵抗がない人、買いやすい人)とそうでない人がいます。

fudeline
商品選びで止まっている人は、「自分のブログの読者はいったいどういうものを買いたいと思っているのだろうか」という面からも考えてみてください。

 

商品が決まるとおのずとターゲットが決まりますが、自分のブログのターゲットから、商品を探すこともできるのです。

 

「売りたいものがないです」「興味のある商品がないです」とよく問い合わせをもらいます。そんなときは、自分が売りたいものではなく、「読者が買いたいもの」を探してみると、見つかるのではないでしょうか?