ついうっかりでは済まされない。嫌われるブログの5つの特徴。

読者に嫌われるブログの特徴を5つお伝えします。

 

嫌われるブログとは、せっかく検索からアクセスしてもらっても、すぐにページを閉じられてしまったり、記事の途中でどんどん離脱されてしまうブログです。

 

私もまだまだ修行中ですが、こんな嫌われポイントを回避しようと、日々努力しています。あなたも一緒に好かれるブログをめざしましょう。

 

1.記事タイトルと中身が一致していない

 

記事タイトルは、「この記事にはこんなことが書いてあります」というブロガーの意思表示です。それは、読者への約束のようなもの。

 

記事を読み始めたのに、約束の物が出てこなかったら、誰だってむっとします。まあ、実際に、怒りを感じないまでも、もやもや感が残ります。

 

タイトルで約束したことは、記事の中で必ず果たすようにしましょう。

 

それも、できるだけ早く約束の物を差し出したほうがいいです。

 

別の物を先に渡したいときは、「約束の物はこのあと必ずお渡しますけど、ちょっと先に、これを見ていただけますか」といった説明があったほうが親切です。

 

読者を引き付けたいあまりに、記事タイトルで誇大広告を打つのもよくありません。タイトルで、ものすごく面白い記事だと思わせておいて、中身がそうでもない時の、読者のがっかり感は半端ではありません。

 

タイトルは地味だけど、記事を読んでみたら意外によかった、と思われるほうがずっとましです。

 

記事タイトルの付け方が未熟で、誇大広告になってしまった、というときもあるかもしれません。けれども、読者にとっては、そのブロガーのスキルなんてどうでもいいことなのです。

 

毎回、中身の伴わない記事タイトルを書いていると、オオカミ少年のように思われて、そのうち全く相手にされなくなります。

 

誠実さが鍵です。

 

読者が時間をさいて読むに足るコンテンツを作ることを意識するべきでしょう。

 

2.広告が多すぎる

 

広告は視覚的にうるさいし、記事を読む邪魔になります。

 

どんなに美しいデザインのテンプレートを使って、色やプラグインの配置に気を配っても、すべてを広告が台無しにします。

 

そもそも、読者は広告が嫌いです。そこら中にベタベタとアフィリエイトのバナーや、AdSenseを貼っていると、確実に嫌われます。

 

特にスクロールしたらずっとついてくる広告はとてもうっとうしいもの。

 

落ち着いて記事が読めません。

 

読者に記事を読んでもらいたいのか、広告を見せたいのか、このさい態度をはっきさせましょう。

 

ブランディングしたい人は、広告は最小限にしたほうがいいです。

 

今は、インターネットに関する知識を持っている人が増えたので、アフィリエイトのバナーをたくさん貼っていると、「ああ、この人、お金が欲しいんだな」「お金目当てなんだな」というふうに受け取られます。

 

「実際にお金が欲しいんだから、いいじゃないか」と思うかもしれませんが、これはかなりのイメージダウンです。

 

ベタベタ貼ってもたいしてお金にならないんじゃないですか?

 

数千円の違いだったらはずしたほうが、長い目で見ると、ずっといいです。

 

風花初芽のノウハウで行うアフィリエイトは、広告をベタベタ貼りません。品位を保ってアフィリエイトをしたい方におすすめです。

風花初芽のレビュー~「プチリッチ」への扉の鍵がここにある

風花初芽のレビュー~「プチリッチ」への扉の鍵がここにある

今日は風花初芽(かざはなはつめ)という、初心者向けブログアフィリエイトの教材を紹介しますね。実はこのブログ、タイトルからもわかるように、風花初芽のノウハウにかな...

投稿 2016/06/01

 

3.上から目線すぎる

 

生徒に何かを教える先生みたいな記事を書くと嫌われます。

 

中身が本当に素晴らしくて、ああ、この人、このトピックについて、すごくよく知っているんだなあ、これからも一生師事したい、という内容でない限り。

 

そんな記事が書けるぐらいなら、その道で収入を得ていると思いますので、これはなかなかないケースです。

 

自分の意見を押し付けないように、上から目線にならないように気をつけてください。

 

「でも、調べたことを書くと、どうしても先生口調になってしまいます」という悩みがある人はマインドを変えればいいのです。

 

謙虚になるだけです。

 

先生のように人に何かを教えるブログを書いているなら、魅力的に伝えるようにしてください。

 

リアルの学校でも、「おもしろい先生」「説明がわかりやすい先生」「生徒の能力を引き出す先生」は人気があります。

 

教科書に書いてあることを、そのままストレートに読み上げる退屈な先生にだけはならないように。

 

先生はパフォーマーであり、ライブアーティストです。

 

4.記事がわかりにくい

 

検索してやってくる読者は、例外なく何かを探しています。さっさと探し物を見つけたいのです。

 

探し物がすぐに見つかるように、ストレートでわかりやすい記事を書いてください。

 

ぱっと見、何が書いてあるのかわからないと、読者は途中で離脱します。

 

わかりやすい記事を書くために、こんなことを気をつけてください。

 

●結論を先に書く。
●適宜改行する。
●文章は短めに。
●主語と述語をはっきりさせる。
●箇条書きや画像を使ってわかりやすくする。
●まわりくどい文章を書かない

 

伝わらない記事を書いてしまう人は、そもそも、自分でも何を言いたいのかわかっていないことが多いもの。

 

その記事で書きたいことをびしっと決めてから書き始めるといいでしょう。

 

読みやすい記事の書き方を学びたい人はこちらの教材がおすすめです。

風花水映レビュー~Webライティングを速習したい初心者のための教材。

風花水映レビュー~Webライティングを速習したい初心者のための教材。

☆風花水映は2017年11月30日をもって発売停止となりました。よって販売ページへのリンクをはずしています☆先日紹介した、風花ライティングパッケージに含まれてい...

投稿 2016/10/13

 

5.記事に新鮮味がない

人間の脳は新しいことが好きです。

 

すでにどこかに書いてあるような記事ばかり書いていると、読者の足が遠のきます。また、毎回同じようなことばかり書いているとあきられます。

 

他の人も書いていそうなトピックなら、先に調べて、話題がかぶらないようにしてください。

 

同じ話題をとりあげるなら、切り口を変えます。

 

あるいは非常に具体的にします。

 

「断捨離すると人生がいい方向に向かう」なんてトピックは、目新しくも何ともありません。今やそんなのあたりまえのことです。

 

読む前に結末がわかってしまう記事を書くなら、伝え方に独創性を盛り込む必要があります。

 
ものすごくわかりやすく書くか、自分だけにしか書けない何か盛り込むか、斬新なアイデアを使うか。

 

クリエイティブに伝えるにはかなりスキルが求められます。

 

あまり他の人が書いていないトピックについて記事を書いたほうが楽かもしれません。
fudeline
このほかにも、重たいページは嫌われる、モバイルアンフレンドリーはだめ、など気をつけるポイントがあります。しかしこれは適切なテンプレートを選ぶことで回避できます。

 
WordPressならこちらがおすすめです。

とても使いやすいWordPress用テンプレート、カエテンWP-JOYのレビュー

とても使いやすいWordPress用テンプレート、カエテンWP-JOYのレビュー

当ブログでも使っている、カエテンのWordPress(ワードプレス)用のテンプレートが22日に一般販売されました。名前をカエテンWP-JOY(カエテン・ダブリュ...

投稿 2016/07/23

さて。嫌われる記事を書かないのは大切なことですが、用心しすぎて、可もなく不可もない記事を書くのもよくありません。

 

失敗を恐れず、さまざまなアイデアに果敢にチャレンジするのも忘れないでください。