RSSの説明と初心者のためのFeedlyの使い方(画像つき)

RSS(アールエスエス)って何?という人のために、RSSについてごく簡単に説明します。また私が利用しているRSSリーダーであるFeedlyの使い方も画像をそえて紹介します。

 

 

RSSとは?

 

RSSは簡単に言うと、ネット上で情報が更新されたら、「更新されましたよ」と知らせてくれるシステムです。

 

記事のタイトルや冒頭の部分、時に全文を配信してくれます。

 

RSSはReally Simple Syndicationの頭文字をとったものです。バージョンによっては、違う呼び方(Really Simple Syndicationとか)をすることがありますが、気にしなくても大丈夫です。

 

RSSを使う目的は、自分の任意のウェブサイトの更新情報を、パソコンやスマホの画面で確認(一元管理)することです。

 

RSSを使うメリット

 

更新情報を配信してもらうのですから、自分でわざわざそのサイトを見に行く必要はありません。

 

この点が、毎日たくさんのブログをチェックしている人にとっては便利なのです。

 

アフィリエイターのように、ネットからたくさんの情報を集める必要がある人は、たいていRSSリーダーを使っています。

 

ブックマークしたサイトを見に行くと、更新されてないときは無駄足になります。毎日チェックしているお気に入りのブログが5つぐらいだったら、「あ、更新されてないわ。過去記事でも読もう」となるでしょう。

 

ところが、たくさんのブログをチェックしたい人は、いちいち更新されたかどうか見に行っていたら日が暮れてしまいます。

 

そこでRSSを利用するのです。

 

RSSはRSSフィードということもあります。RSSフィードはRSSを利用して配信される個々のコンテンツのことです。

 

RSSを使えば、天気もニュースも友だちのブログもみんな一箇所でチェックできるのです。

 

 

RSSの始め方

 

RSSで更新情報を受け取りたいな、と思ったら、まずすべきことは使うRSSリーダーを決めることです。

 

RSSフィードはRSSリーダーを介さないと読めません。

 

当ブログの右上にRSSのマークがあります。

 

RSSボタン

 

ここをクリックするとなにやらわかりにくい文字列が並んだ画面が出ます。これはコンピュータ向けの指示なので人間にはわけがわかりません。

 

RSSリーダーを使えば、このごちゃごちゃした文章が、人間にも読めるように変換されます。

 

RSSリーダーはたくさんありますのでお好みのものを選んでください。無料で充分使えます。

 

私が使っているFeedlyは素人にも設定使いやすいので、おすすめです⇒Feedly
使い方はこのあと説明します。

 

ただFeedlyはみな英語なので、これに抵抗がある人は、最近は Inoreader というのも人気があります。

 

Inoreader – The content reader for power users who want to save time.

 

右側の、Englishと書いてある横をクリックすれば、言語の選択画面が出てきますので、日本語を選んでください。中国語やフランス語、その他いろいろオプションがあります。

 

使うRSSリーダーが決まったら、ログインし、好みのサイトを登録します。この作業はべつに難しくありません。

 

Feedlyの使い方

 

Feedlyの使い方を簡単に説明しておきます。Feedlyはみな英語ですが、中学英語で充分理解できますし、わかりやすく作ってあるので戸惑うことはないと思います。

 

スタート画面に行って、GET STARTED FOR FREE(無料で始めましょう)をクリック。

 

feedly スタート画面

 

Googleのアカウントでログインします(別にフェイスブックとかほかのアカウントでログインしてもいいですけど)。

 

 

feedlyにログイン

 

すでにGoogleアカウントにログインしていれば、そのまま feedlyにログインします。するとこんな画面になるので、まんなかへんにある窓に購読したいブログのURLか名前を入れます。

 

「筆子ジャーナル」を登録してみましょう。ここではURLを入力しました。

 

フィードリー登録画面

 

 

目当てのブログが出てきたらFOLLOW(フォロー)をクリックします。

 

フィードリー

 

FOLLOWをクリックするとコレクションを作れという指示がでます。CREATE COLLECTIONをクリックします。コレクションとはカテゴリーのようなものです。

 

こんなふうに候補が出てくるのでそこから選んだり、任意のコレクションの名前をつけます。ここでは「ブログ」にしてみました。

 

フィードリー

 

「ブログ」という文字列の横の+マークをクリックします。すると以下の画面が出ます。

 

フィードリー

 

CREATEをクリックすると、「ブログ」というコレクションができ、そこに「筆子ジャーナル」が入ります。

 

フィードリー

 

左のバーの「筆子ジャーナル」をクリックするとフィードが表示されます。メインカラムでブログ名をクリックしても表示されます。

 

 

初期設定はMagazine Viewなので、ブログタイトルの横をクリックして、好みの表示に変えてください。

 

フィードリー

 

タイトルだけを表示させてみました。

 

フィードリー

 

 

いずれの表示でも記事のタイトルをクリックすれば、冒頭が表示されます(全文配信しているフィードは全文が表示されます)。続きを読みたいと思ったら、VISIT WEBSITEをクリックして、ブログにアクセスします。

 

フィードリー

 

RSSの購読を停止したいときは、左のバーで歯車のアイコンをクリックします。すると、メインカラムに、購読しているフィードの一覧が出るので、名前の横の✕印をクリックすれば、購読を停止できます。

 

フィードリー

 

歯車をクリックして出てきた画面でコレクションの名前を編集したり、別のコレクションに移動させたりといったことができます。

 

ひじょうに簡単に使えますので、たくさんブログをチェックしている人は、一度利用してみてください。スマホのアプリも使いやすいです。

 
fudeline

前回、ブログの運営をするとき私が使っているツールを紹介しました。

主婦アフィリエイターな私が毎日ブログを書くのに使っているツール紹介。

主婦アフィリエイターな私が毎日ブログを書くのに使っているツール紹介。

風花初芽の購入者さんから、「筆子さんがブログを書くのに使っているツールを教えてください」というご質問がありました。この記事で回答します。スマホは持っていますが、 ...

投稿 2017/02/20

 

この記事でFeedlyをあげたのですが、RSSがわからないとちんぷんかんぷんであろう、と思い、今回、RSSについて改めて説明しました。

RSSをうまく使うコツは、登録しすぎないことです。

 

たくさん登録しても読みきれません。どうしてもいろいろなブログを購読したい人は、タイトルだけざーっと見て、ポイントをしぼって閲覧してください。